/

Tシャツをハンガーで収納するメリット・デメリットを徹底解説!

お気に入りのTシャツをお持ちの方もいるのではないでしょうか?お気に入りのTシャツの首周りや肩部分の生地が伸びてしまうとガッカリしてしまいます。生地が伸びるのを避けるために、折り畳んでタンスに収納している方もいるでしょう。

しかし、平積みで収納すると探すのも大変ですよね。このような悩みを解決するには、どうしたら良いのでしょうか?結論から、説明するとTシャツにハンガーを掛けるときに、一工夫すれば良いのです。どのような工夫をすれば良いのでしょうか?

この記事では、Tシャツをハンガーにかけるメリット・デメリットと工夫したいポイントについてご紹介します。

Tシャツをハンガーにかけるメリット

まずは、Tシャツをハンガーにかけるメリットをご紹介します。

折り目やシワがつかない

Tシャツを折り畳むと折り目やシワが付きます。その一方で、ハンガーではTシャツを掛けておくだけなので、生地に折り目やシワが付きません。Tシャツを着て外出した時に「変な部分にシワがある…」と気になることもありますよね。

デートなど特別な日に、Tシャツのシワがあると1日気になったりもします。そのようなストレスを感じたくない方は、ハンガー収納がおすすめです。

家事を短縮できる

Tシャツを1枚1枚折り畳むのは手間がかかります。しかし、Tシャツをハンガーにかければ、畳む手間が省けます。洗濯物をハンガーにかけてベランダに干して、乾いたらクローゼットにしまうだけで済みます。

また、ハンガーに掛けておけば、シワになりにくいので、アイロンの手間を省くこともできます。そのため、家事の時間を短縮したいという方に向いている収納方法です。

Tシャツが見つけやすい

タンスに平積みで収納すると、着たいTシャツが下にあった場合に取り出しづらいです。その一方で、ハンガーの状態のままクローゼットに収納すれば、縦方向で収納できます。立て掛けると、1着1着が探しやすいので、着たいTシャツをすぐに見つけることができてストレスが溜まりません。

Tシャツをハンガーにかけるデメリット

次に、Tシャツをハンガーにかけるデメリットをご紹介します。

首回りの生地がヨレてしまう

Tシャツをハンガーにかける場合、Tシャツの裾部分からハンガーを通す方が良いですが、分かっていても、なかなか出来ることではありません。多くの方が、首まわりを広げてハンガーを差し込んでいます。

このような方法だと、首周りの生地が伸びてしまいます。そのため、Tシャツを長持ちさせるなら、ハンガーにかけない収納の方が良いとされています

[解決方法]

首周りの生地を引っ張って、ハンガーを通すと生地が伸びてしまので、ハンガーを通すときは裾の部分から入れましょう。このような方法で、ハンガーをかければ、生地が伸びることを心配しないで済みます。

また、TAYAハンガーなどのように首周りを引っ張らずに、Tシャツにハンガーを通せる画期的なハンガーも販売しているため、使用しているハンガーを見直してみても良いでしょう。

肩の部分の生地が伸びてしまう

Tシャツの生地が厚くて重量がある場合は、洗濯すると水分を含んで重量が増すので、肩先の部分に極端に荷重がかかって、肩先の部分だけ伸びてしまうという問題も発生します。

[解決方法]

厚みのあるTシャツは折り畳んでも、折り目が付きにくいです。そのため、重量のあるTシャツは折り畳んで収納をしてみても良いでしょう。また、型崩れしにくいハンガーを使用するのも1つの解決策です。

ハンガー跡がつく

Tシャツをハンガーに掛けて収納したまま放置してしまうと、肩の部分などにハンガー跡が付いてしまうことがあります。肩先があまりにも尖ったハンガーを使ってしまうと、そのハンガー跡がついてしまうので注意してください。

[解決方法]

ハンガー跡が付いても心配することはありません。ひと手間が必要になりますが、ハンガー後を消すことはできます。ハンガー後は、アイロンで伸ばすことができます。アイロンをかける場合は、プリント部分を保護するなど細心の注意を払いましょう。

アイロンをかけるのが面倒臭いと感じる方におすすめの方法が、入浴後のお風呂場に干す方法です。浴室の蒸気で自然にTシャツのシワが取れます。そのまま、浴室乾燥機で乾かせれば、とても便利です。

Tシャツにおすすめのハンガー3選

今回は、Tシャツをハンガーにかけるメリット・デメリットをご紹介しました。これまで、Tシャツを畳んでいた方もハンガー収納に興味を持ったのではないでしょうか?実は、ハンガーにこだわると、Tシャツをキレイに保管できます。ここでは、Tシャツにおすすめのハンガーをご紹介します。

MAWA

MAWAハンガーは、ドイツ製の特殊コーティングが施されているハンガーです。特殊コーティングによって、ずり落ちる心配がありません。そのため、キレイな状態のままをキープすることができます。サイズや厚みのレパートリーも豊富に取り扱われており、シンプルデザインで飽きの来ない部分が高い支持を集めている理由です。

TAYA

TAYAハンガーは、首回りの生地が伸びてしまうという悩みを解消するために開発されたハンガーです。通常のハンガーと形が異なり、独自の機能性が魅力となっているハンガーですが、ハンガーにTシャツをかけやすいです。

首が詰まっている衣類もラクにハンガーにかけることができるので、首回りを引っ張る必要もありません。そのため、いつでもキレイの型を維持したいという方から支持を集めています。

SURE

SUREハンガーは、ハンガーを使用する上での悩みを解決するために韓国で開発されたハンガーです。SUREハンガーは、肩部分に特殊コーティングをされていて滑り止めの役割を果たすだけではなく、肩部分に空気を通す穴が開いているので、乾きやすくなっています。

また、使用しない場合は、重ねて片付けることができるため、収納スペースを必要としません。そのため、実用的なハンガーを探している方から支持を集めています。

まとめ

今回は、Tシャツをハンガーに掛けて収納するメリット・デメリットをご紹介しました。ハンガーに掛ければ、Tシャツを折り畳む必要がありません。また、シワができないので、アイロンをかけなくても済みます。着たい服を探しやすいなどのメリットが満載の収納方法です♪


しかし、首周りや肩回りの生地が伸びるなどのデメリットもあるため、裾からハンガーをかけるなど、ひと手間を加えるようにしましょう。そのような手間も省きたいという方は、今回、ご紹介したおすすめのハンガーを使用してみてくださいね♡また、近頃は、さまざまなハンガーが発売されているのでチェックしてみてください。

今すぐデザインする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


オリジナルプリントマスク
オリジナルプリントマスク