/

肩幅や身幅の確認方法!ピッタリ合うサイズのTシャツの選び方

「世界でたった1枚のオリジナルTシャツを作ろう!」という方が増えています。好きなデザインを印刷することができるので、商品が届くまでワクワクします♪

しかし、「デザインは大満足だけどTシャツを着るとフィット感がない…」「サイズがイメージと異なった…」などの失敗例も多いです。

このような失敗をしないためにも、身丈・肩幅・身幅・袖丈を正しく測定して、自分の体型に似合うサイズのTシャツを作りましょう♪この記事では、サイズの選び方について分かりやすく解説します。

肩幅や身幅を確認!Tシャツサイズの合わせ方

Tシャツをオシャレに着こなしたい方は、ピッタリ合うサイズを選ぶようにしましょう。着丈・肩幅・身幅・袖丈を測定しておけば、自分に似合うTシャツが購入できます。実際に、どのように測定するのでしょうか?ここでは、サイズの合わせ方について解説します。

1.身丈

身丈とは、首の付け根から裾までを直線で測定した値をいいます。身丈は着丈と混合して認識されることが多いですが、2つの用語は全く異なるものです。

  • 身丈:首の付け根から裾までを直線で測定した値
  • 着丈:後ろの首の付け根から袖までを直線で測定した値

同じと認識されることも多いですが、身丈の方が2~5cm程度短いです。混合してしまうと、身丈が合わないというトラブルを招いてしまうので注意しましょう。

2.肩幅

肩幅とは、左右の肩の縫い目から縫い目までの値をいいます。肩に縫い目がピッタリ合うTシャツはスマートな印象を与えられます。また、肩の縫い目の位置がずれていると、体のサイズに合わないTシャツを着ていると思われるので、注意しなければいけません。

オーバーサイズのTシャツの場合は、肩幅をずらして着用するのもオシャレの1つですが、ジャストサイズのTシャツを選ぶ場合は、肩幅が大切になります。

3.身幅

身幅とは、両脇の下を直線で測定した値のことをいいます。身幅は胸囲と混合して認識されることが多いですが、2つの用語は全く異なるものです。

  • 身幅:両脇の下を直線で測定した値
  • 胸囲:胸囲部分を一周させて測定した値

そのため、胸囲は身幅の2倍以上の値になります。

4.袖丈

袖丈とは、袖の付け根から袖口端までの値をいいます。袖丈が長すぎると野暮ったいイメージを与えてしまいかねません。袖丈を意識する人は少ないですが、どんなシチュエーションで着用するTシャツかを考えて、適切な袖丈を選ぶようにしましょう。

肩幅や身幅だけではNG?Tシャツサイズの注意点

肩幅や身幅を測定してTシャツサイズを合わせる方法を紹介しましたが、測定時には注意しなければいけないこともあります。ここでは、測定時の注意点をご紹介します。

日本製とアメリカ製のサイズは違う

日本製とアメリカ製のTシャツは、同じサイズでも「身丈」「肩幅」「身幅」「袖丈」が異なるので、「S」「M」「L」のサイズ表記だけで選ばないように気を付けましょう。実際に、どれぐらいサイズが異なるのでしょうか?ここでは、大手アパレル会社のユニクロのサイズ表を用いて比較してみます。

・日本製のTシャツ

 

S

M

L

身丈

66

69

72

肩幅

45

46.5

48

身幅

50

53

56

袖丈

20.5

22

23

・アメリカ製のTシャツ

 

S

M

L

身丈

69

72

75

肩幅

46.5

48

50

身幅

53

56

60

袖丈

22

23

24

Tシャツのサイズ表は参考程度にする

アパレル店舗では、初心者でもTシャツのサイズを簡単に選べるように、身長別のサイズ表が記載されていることがあります。自分の身長に該当するサイズを選べば良いので、とても便利な表です。

しかし、同じ身長の人でも体型はそれぞれ異なります。身丈は合うかもしれませんが、肩幅や袖丈が合わないことがあるので、サイズ表に頼り過ぎないようにしましょう。サイズ表は目安程度に利用することをおすすめします。

補足:オリジナルTシャツのサイズに注意しよう

日本製とアメリカ製のTシャツでサイズが異なることを説明しました。そのため、オリジナルTシャツを製作する場合は、製作会社が取り扱うTシャツが、日本製かアメリカ製かを良く確認しましょう。

身丈・肩幅・身幅・袖丈を確認しておけば、サイズの失敗を防ぐことができるはずです。 オリジナルTシャツは既製品とは異なり、世界でたった1枚のTシャツとなるため、製作後の返品には対応していません。そのため、オリジナルTシャツ製作前にサイズは必ず確認しましょう。

Tシャツサイズ別の着こなし方

身丈・肩幅・身幅・袖丈について理解を深めることができたと思います。Tシャツをどのように着こなしたいかで、サイズの選び方は異なります。そのため、Tシャツの着こなし方を抑えておきましょう。

1.ジャストサイズのTシャツ

ジャストサイズのTシャツは、スタンダードな着こなし方です。自分の体型に合うサイズを選べば、見た目の印象も良くなるためビジネスシーンにも着用できます。しかし、ジャストサイズのTシャツを選ぶ場合は、肩幅や袖丈、着丈を良く確認しましょう。

これらの値が合わないTシャツを選んでしまうと、寸胴に見えたり、野暮ったくみえたりします。

また、ジャストサイズを選ぶなら、特に着丈を意識しましょう。腰に当たるぐらいの着丈がオシャレに見えます。しかし、日本製とアメリカ製のTシャツはサイズが異なるので、メーカーなども良く確認するようにしましょう。

2.オーバーサイズのTシャツ

最近のトレンドで、ゆったりしたオーバーサイズのTシャツを好んで着る人が増えました。肩幅や袖丈のサイズが体に合ってはいないのですが、ルーズな抜け感を演出することができます。

また、オーバーサイズのTシャツは、オシャレだけではなくて、コンプレックスの体型を隠せるというメリットもあります。痩せている人だけではなくて、太っている人でもオーバーサイズのTシャツなら、オシャレに着ることができます。

しかし、全体のバランスを考慮しなければ、抜け感のあるコーデにはなりません。そのため、ボトムスとのバランスを良く確認しましょう。

3.タイトサイズのTシャツ

タイトサイズのTシャツを着用すると、体型が強調されます。そのため、筋トレなどで体を鍛えている人や肩幅がある人が着用すると似合います。シンプルなデザインのTシャツでもオシャレに見えるため、コーディネートに困ることもありません。

また、着やせ効果も得られるので、すらっとした体型を強調することができます。しかし、ピチピチなTシャツを選ぶと素材によっては透けてしまうこともあるので、Tシャツのサイズだけではなくて、素材なども良く確認するようにしましょう。

実際に、タイトサイズのTシャツは、サイズ選びが難しいため、オシャレ上級者向けだったりします。

まとめ

今回は、Tシャツのサイズの合わせ方をご紹介しました。身丈・肩幅・身幅・袖丈を正しく確認することができれば、自分の体型に見合ったTシャツを購入することができます。Tシャツをオシャレに着こなすためには、各値を良く確認することが大切です。

オリジナルTシャツは返品対応が効かないため、オリジナルTシャツを製作する場合もサイズを良く確認した上で製作してください。そのような意識をすることで、満足度が高いTシャツを手に入れることができるはずです。ぜひ、この記事を参考にして、Tシャツサイズ選びを楽しんでみてくださいね♡

今すぐデザインする

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


オリジナルプリントマスク
オリジナルプリントマスク