オリジナル クリアマルチケース   |   LSG67

¥2,480 (税込¥2,728・送料別)

デザイン作成
最小注文数 1個から注文可能です
※100個以上の場合さらに割引!!!
こちらよりご相談ください
送料 全国一律170円(税込187円)
3500円(税込3850円)以上のご購入で送料無料
納期 ご注文から 3営業日発送
印刷サイズ 横: 4224 ,縦:3465(px)
画像の推奨解像度 350dpi以上
入稿対応画像形式 オリジナルグッズの入稿画像形式

お気に入りのデザインや画像を使って、あなただけのオリジナルマルチクリアケースを作成・購入することできます。

※画像は例です。

オリジナルクリアマルチケースの商品詳細

柔らかいクリア素材(PVC)でできたマルチケースは、ペンケースなどの小物入れにぴったり!
クリア素材なので、あえて中身が見えるようなデザインにするのも◎
クリア素材のグッズは個人用としてはもちろん、コミケ・同人イベントのグッズとしても人気のアイテムです。

PVCのクリア素材がおしゃれなクリアマルチケース

クリアマルチケースは、透明なPVC素材でできているおしゃれな小物ケース。
クリアカラーならではの透け感が涼し気で、どんなデザインもおしゃれに決まると人気のアイテムです。

中身が透けて見えるので、何が入っているかすぐに分かりやすく、バッグの中で小物が迷子になることもありません。
また、布製のポーチと比べて水濡れに強いのもメリットです。

ボタンで留めてしっかり収納できるクリアマルチケース

オリジナルグッズラボで作成できるクリアマルチケースのサイズは縦9cm×横19.7cmと使いやすい大きさで、大きく開くボタン留めタイプです。
たとえば、ホッチキスなどの厚みのある小物類もばっちり収納可能でき、出し入れしやすいのもポイント。
使わないときはボタンを外せばフラットになり、保管場所を取らないのも魅力です。

ちょっとしたプレゼント・同人グッズにも最適!様々な用途で使えるクリアマルチケース

クリアマルチケースは、ペンケース・メイクポーチなど、よく使う小物類の整理整頓に役立ちます。またキャンディーなどの小さなスイーツを入れるのもおすすめ。アイデア次第でいろいろな使い道があるので、ちょっとしたプレゼントにも喜ばれます。

また、デザイン性と実用性の高さで同人グッズやクリエイターグッズとしても大人気!
アクリルキーホルダーなどのグッズとお揃いで作るのもおすすめです。



印刷領域
印刷サイズ(px)
横: 4224 ,縦:3465
メーカー
オリジナル LSG67
色数
全1色
商品の素材
塩化ビニール
印刷手法
UV
UV印刷の特徴
UV印刷

UV印刷は、部材の表面にインクを付着させ、UV(紫外線)で固める印刷手法です。
データの色味と発色が近く、イメージに近い形でデザインを再現します。白以外の素材に印刷する場合は、最初に下地として白インクを印刷した上からデザインを印刷することで、素材の色に影響を受けることなく発色を再現します。
プリント部分の仕上がりはややマットな質感となります。

サイズ
縦9cm×横19.7cm

オリジナルクリアマルチケースの価格

価格は、アイテム代、プリント代込みの価格になります。
価格

オリジナルクリアマルチケースの注意事項

  • 同一デザインで再度作成依頼を頂いた場合に、複数の印刷機で出力しておりますため前回と色味及び仕上がりが完全に同じにならないことがございます。
    製作工場では社内許容基準を元に、許容の範囲であることを確認しておりますが、再注文の際にはご理解ご了承のほどお願い致します。明らかに異なる場合は比較のため画像を添付の上お問い合わせください。
  • 画像の発色を再現するため、最初に白インクで印刷後その上にお客様画像をカラーで印刷をしております。 そのため、プリントを二重に重ねる工程上、カラープリント後のデザインの縁に、白引きプリントが若干はみ出ることがございますが、プリントミスではありません。0.1~0.5mm程度はみ出る場合があります。
    0.5mm以内の白引きのはみ出しについては許容範囲となります。

    白インク印刷時に、人間の目で目視できない状態の不透明度で色が乗っていた場合でも機械的に判定されるため白インクで印刷がされます。

    シャドウ・ベベル・光彩・ぼかしなどの効果や、ブラシでの着彩時ではみ出ている部分がございますとお客様の意図しないデザインとなることがございますのでご注意ください。
    お客様の画像データをそのまま印刷機で印刷されるため、上記にあたるものに関しましては無償再製作の対象外となる旨ご注意下さい。 詳細はこちら※大きい画像があります。
  • デザインの型に白を引いてから印刷します。そのため、半透明(グラデーション含む)のデザインを作成した場合にも同様に白をひくのでご注意ください。デザインが半透明でも白引きで透明感は無くなります。グリッターケースやトキメキハートケースなど、スマホケース自体の特徴を生かしたい場合には、完全に透過した状態でデザインしてください。

レビュー

レビューはまだありません。