オリジナルグッズを作る際には著作権を侵害しないように気をつけよう

市販のグッズで満足できない、という場合、専門の業者に依頼することで簡単に市販品と遜色ないものを作ることができます。

オリジナルグッズを作ってくれる会社では、あらかじめラインナップされた無地の商品に、好きなデザインをプリントしてもらえます。

自作でグッズを注文する場合に、気をつけなければならないのが著作権や肖像権の問題です。

著作権について

好きな漫画のキャラクターや芸能人で、自分だけのグッズを作りたいという場合、著作権や肖像権の問題について考える必要があります。

まったく一から考えた自分のオリジナルキャラクターでない場合、そのキャラクターを考えた人に著作権があります。

そういったものを「著作物」と言います。

著作物は、勝手に他人に使われたりしない権利が定められています。

つまり、勝手に他人のキャラクターをグッズとして作った場合、著作権の侵害になってしまう恐れがあるのです。

著作権を侵害すると、罰則を受けることもあります。

二次的著作物について

既存のキャラクターの画像をそのままプリントすると違反になります。

では、自分でそのキャラクターを描いたものなら、問題ないのかといえば、そうはなりません。

そういった著作物は、二次的著作物と表現されます。

二次的著作物についても、元の著作者に無断で世の中に発表してはいけないことになっています。

肖像権について

架空のキャラクターは著作権の問題がある、ならば、実在する芸能人は使ってもいいのか、といえば、そうではありません。

芸能人をグッズに使う際には肖像権の問題が生まれます。

肖像権は人間の肖像(容姿や画像)に関する権利で、一般人も持っています。

日本では肖像権に関する法律は決められていません。

しかし、芸能人の容姿には商品的な価値があるために、無断で使うと「パブリシティ権の侵害」として取り扱われます。

問題となってしまうので個人の使用の範囲以外では、グッズを作ったりしないほうがよいです。

著作権侵害とならないケース

自分以外の著作物でも、条件によっては自由に使えることがあります。

「私的利用の範囲内」ならば、使っても問題ないという規定があるのです。

ですから、販売したり不特定多数に配布したり、自分のオリジナルだと主張するなどしなければ、自作グッズに他人のキャラクターを使うのは問題ありません。

ただし、業者に依頼する場合には、金銭が発生しますので、問題になる場合があります。

他人のキャラクターを使いたい場合は、自分で手作りで作るのが安全です。

どうしても業者に頼んでグッズを作りたい場合には、著作権者に許可をもらいましょう。

著作権者の許可があれば、グッズを作ることも、販売することも、ネットに上げるなどして世の中に発表することもまったく問題ありません。

また、著作権は日本の法律では、作者の死後50年(個人が発表したもので、実名・周知の変名の場合)で切れることになっています。

すでに著作権が切れている作品の場合は、著作権侵害とはなりません。

ただし、商標権といったほかの権利が生きているケースがあるので、注意が必要です。

肖像権は、相手の顔がしっかりと判別できないような画像の場合は、使っても侵害とはなりません。

特徴のない後ろ姿だったり、人ごみの画像で一人一人の顔の判別ができないものなどは、使って問題ありません。

著作権侵害となるケース

著作者に無断でグッズを作って販売することは、著作権侵害となってしまいます。

また、販売しなくても、不特定多数の人にグッズを配ることも著作権の侵害です。

たとえ私的利用の範囲内でも、業者に金銭を支払ってグッズを作ってもらうことは、業者側が著作権侵害に問われる可能性が生まれます。

いずれの場合も無断で行うから違反となりますが、許可をもらって行えば侵害とはなりません。

芸能人の顔をそのままアップでTシャツスマホケースに印刷して販売したら、パブリシティ権の侵害となります。

また、芸能人ではなく一般人の場合でも、相手の人格を貶めるような内容の画像の場合は、無許可で使うと問題となります。

日本に肖像権についての法規定はありませんが、他人の顔写真を無断で使うことはさまざまなトラブルにつながります。

そのことは認識しておく必要があります。

オリジナルグッズ(自作グッズ)作成時に気をつけるべきこと

自作グッズを作成する場合には、他人に著作権があるものや肖像権のあるものを勝手に使わないよう気をつけます。

使う場合には相手から許可をとることが必須です。

ネット上の画像にも著作権は存在します。

自分の使いたい画像が著作権フリーの素材かどうかを事前にチェックすることが大切です。

心配な場合は、自分が撮った写真・自分のオリジナルイラストなど、間違いなく自分にだけ権利があるものを使いましょう。

肖像権についても同じです。

人の画像を使いたい場合には、許可がとれないなら自分自身の写真を使いましょう。

グッズラボなら一個からオリジナルグッズが作れる

著作権や肖像権違反にならないように配慮したオリジナルグッズなら、専門の業者で作ることに何の問題もありません。

オリジナルグッズラボでは、バッグ文房具Tシャツなど豊富なラインナップが用意されています。

オンライン上に画像をアップするだけで、簡単にグッズ制作ができます。

一つからも作ることができるので、販売ではなく自分用として作ることも可能です。

オリジナルグッズ制作なら、オリジナルグッズラボが最適です。

今すぐデザインする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA