/

よく使うはんこはオーダーメイドでかわいいものが欲しい!

郵便物を受け取ったり、役所に行った時、また会社でもはんこはよく使うアイテムです。

社会人ならはんこは常に持ち歩いているという人も多いのではないでしょうか。

ニーズが高くて使用頻度が多いはんこは、かわいい商品をオーダーメイドで作るのが人気です。

はんこのオーダーメイドが人気

はんこというと、名字だけを彫るベーシックなものが主流です。

書店や文具店、100均などではすでに完成された既製品のはんこもたくさん販売されています。

しかし、人とは違うかわいいはんこを作りたいという人なら、オーダーメイドで作るという方法もアリです。

オーダーメイドの魅力とは?

はんこをオーダーメイドすると、既製品とは違うかわいいものを作ることができます。

例えば、姓だけではなくて名前も彫ってフルネームにしたり、かわいいイラストを彫りこむこともできます。

世界に一つしかないはんこを作れば、これから宅配便や郵便の受け取り、また職場ではんこを使うことが楽しくなりそうです。

はんこと印鑑は違うの?

はんこと印鑑は、名前は違うけれど同じものを指しているのではないかと考える人は少なくありません。

しかし印鑑とはんこの定義は全く異なっているので注意しましょう。

印鑑というのは、書類に押す名前や絵のことです。

一方、はんこというのは私達が良く知っている丸とか楕円形をしていて、押した人が当事者であることを示す個人認証の印と考えることができます。

郵便物の受け取りや職場などで使うものは、基本的には丸とか楕円形をしたものが多いでしょう。

そのため、オーダーメイドしてかわいいものを作るなら、印鑑ではなくはんこがおすすめなのです。

可愛いオーダーメイドのはんこが作れるのはココ

オーダーメイドで可愛いはんこを作ることができる業者やサイトはたくさんあります。

ゆるキャライラストがかわいい「邪悪なハンコ屋しにものぐるい」

パンダやウサギなど可愛い動物を始め、ヤシの木やモアイ像などオリジナリティあふれるイラストを名前をコラボしてはんこづくりができる店が、「邪悪なハンコ屋しにものぐるい」です。

主流はシャチハタタイプで、認印として携帯したいはんことして人気があります。

銀行印とか実印として使いたい場合には、オプションで木彫りにしてもらうこともできます。

和のイラストがかわいい「おすもん」

「おすもん」は、干支の動物や江戸時代の町娘や殿様のイラストが描かれているかわいいはんこで人気があるショップです。

落語界のチラシや手ぬぐいをデザインするプロのイラストレーターがイラストを描いているので、本格的な和モダンなはんこを作ることができます。

見た目がオシャレでアルファベットを入れることもできるので、外国人へのプレゼントとしてもおすすめです。

シャチハタタイプなので、バッグに入れて携帯しやすいのも人気の理由の一つです。

個性あふれるフォントが魅力「かわいいはんこ通販おもしろMY印鑑」

名前の一部が猫になっている「ねこのはんこ」で人気のショップで、猫好きにはもちろん、動物好きにとってはたまらないユニークでかわいいはんこが充実しています。

猫の姿がはんこの一部になっている「にゃん鑑」に加え、肉球と猫がコラボしている「肉球ねこ」もありますし、似顔絵を名前と一緒に彫ってくれる似顔絵印鑑などもおすすめです。

はんこというよりはオリジナルスタンプ、「アニマルスタンプ・カワナ」

動物好きなら一度はチェックしたいオリジナルはんこショップといえば、「アニマルスタンプ・カワナ」ではないでしょうか。

犬や猫などのペットを始め、パンダやキリン、ゾウなどかわいい動物たちと自分の名前をコラボさせてはんこにしてくれる店です。

シャチハタタイプの認印に加え、ゴム印のスタンプも作っているので、ニーズによって作り分けたくなります。

アニメ好きにイチオシの店、「痛印堂(いたいんどう)」

可愛いハンドメイドのオリジナルはんこと、大好きなアニメキャラをコラボさせたい!という人にいイチオシなのが、「痛印堂」です。

完全オーダーメイドではんこを作ることができるので、自作のイラストを元にはんこ制作を依頼しても良いですし、お気に入りのアニメキャラを使ったテンプレートを元に名前とコラボすることも可能です。

痛印堂では、数量限定生産のアニメキャラなどもあるので、アニメ好きなら定期的にチェックをして、お気に入りのキャラを見つけたいものです。

かわいいはんこを作る時に知っておきたいコト

オーダーメイドでかわいいはんこを作る際には、はんこのルールについていくつか知っておきたいコトがあります。

イラスト入りは実印にはできない

オーダーメイドで作る可愛いはんこと言えば、やはりイラストを入れたものが人気です。

イラスト入りのはんこは、郵便物や宅配便を受け取る際の認印として使うことはできますが、公的な書類や契約書などで必要となる実印としては使うことができません。

実印の大きさは、いくつかあるはんこの種類の中では最も大きく、平均すると15mm~16.5mmぐらいが一般的です。

実印は、持っているだけでは実印として効果はなく、役所に印鑑登録をして初めて実印として使えるようになります。

オーダーメイドのかわいいはんこでも、イラストが入っていなければ印鑑登録することができます。

イラスト入りはOK、だけどシャチハタはNGの銀行印

銀行口座を開設する際に必要となる銀行印は、実印とは異なり、イラスト入りのものでもOKです。

ただし、シャチハタタイプは認められないので、朱肉にインクを付けて使用するゴム印タイプでなければいけません。

オーダーメイドで作るかわいいはんこを銀行印として使いたいなら、木彫りタイプにしてもらえる業者を選ぶことが必要です。

銀行印の大きさは特にルールはありません。

一般的には認印と同じぐらいの大きさのものが多く、10mm~12mm程度となります。

認印はシャチハタが便利

宅配便や郵便を受け取る時に使ったり、職場で使うはんこは、特に印鑑登録されているはんこでなければいけないというわけではありません。

普段使いできるはんこを全般的に認印と呼んでいて、印鑑登録されている実印とは異なるものを使うのが一般的です。

認印は、いつどこで必要になるか分からないため、その度にわざわざ朱肉を使うのは面倒なものです。

サッと取り出してパッと押せるシャチハタタイプを選ぶのが便利でしょう。

オーダーメイドできるかわいいはんこの多くはシャチハタタイプとなっています。

注文する際には確認した上でオーダーしましょう。

オーダーメイドだからこそ、たくさん作って使い分けたい

オーダーメイドのかわいいはんこは、種類に応じてルールに沿ったものを作り、ニーズや用途によって使い分けたいものです。

例えばイラスト入りのお気に入りのはんこでも、シャチハタタイプは認印として使い、木彫りタイプは銀行印として使うことができます。

また、実印にイラストはNGですが、フォントの指定などはされていないので、レトロ感やハンドメイド感のあるフォントを選んでかわいいはんこに仕上げることもできます。

かわいいはんこをオーダーメイドしたい

実印として使うはんこや銀行印として使うはんこなら、いくつかルールがあります。

そのため、必ずしも気に入ったイラスト入りのはんこを使えるというわけではありません。

しかし認印なら、基本的には何でもOKですし、イラスト入りの可愛いシャチハタタイプのはんこでも問題ありません。

可愛いはんこを持っていると、使うことが楽しくなることは請け合いです。

いくつか作り、その日の気分で使い分けるという使い方も楽しいのではないでしょうか。

エディタで簡単♪今すぐデザインする!
エディタで簡単♪今すぐデザインする!

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


オリジナルプリントマスク
オリジナルプリントマスク