/

かっこいい刺繍でオリジナルTシャツを作る!文字もデザインも可能

誰も着ていないようなオリジナルTシャツを作りたいと思っていませんか?

デザインをプリントするだけのTシャツではなく、刺繍が入ったオリジナルTシャツならかっこいいですよね。

そこで今回は、かっこいい刺繍のオリジナルTシャツを作る方法をご紹介します。

文字だけでなく、デザインを刺繍できたり、デザインのプリントと併用できたりする業者もあるので、世界で一枚のオリジナルTシャツを作りましょう!

プリント印刷では物足りない!かっこいいオリジナルTシャツが欲しい

オリジナルTシャツを作りたいけど、デザインをプリント印刷しただけのTシャツだと物足りないと思っていませんか?

お気に入りの写真やイラストをプリントするのも良いけれど、もっとかっこいいオリジナルTシャツを作りたいですよね。

人とは違った独自性があり、自分だけのかっこいいオリジナルTシャツを作りたい人は、刺繍がおすすめです。

刺繍のオリジナルTシャツのメリット・デメリットや作り方について解説します。

刺繍は文字だけでなくデザインも可能!

刺繍のオリジナルTシャツというと、「名入れ」が思い浮かびますよね。

でも実は、文字だけでなく、デザインを刺繍できる業者もあるんです。

また、さまざまな書体から好きな文字を選ぶことができる業者もあるため、自分の個性を発揮したオリジナルTシャツを作ることも可能ですよ。

刺繍の縫い方によって雰囲気が異なるため、自分のイメージに合った刺繍をしてくれる業者を探してみましょう。

刺繍のオリジナルTシャツを作るメリット

プリント印刷とはひと味違った、刺繍のオリジナルTシャツ。

刺繍を施したオリジナルTシャツを作るメリットをご紹介しましょう。

立体感があり高級感を出せる

刺繍のオリジナルTシャツは、プリント印刷のような平面的なデザインではなく、立体感があるのがポイントです。

そのため高級感があり、リッチな仕上がりになることがメリットです。

1枚1枚丁寧に刺繍が施されたオリジナルTシャツなら、愛着も湧いてきそうですよね。

洗濯してもデザイン部分が傷つかない

プリント印刷の技術によっては、洗濯すると剥がれてしまったり、ひび割れしてしまったりと、せっかくのオリジナルTシャツが傷ついてしまう恐れがあります。

しかし、刺繍のオリジナルTシャツなら、洗濯してもデザイン部分が傷つかないことがメリットです。

くり返し洗濯することで糸がほつれてしまう恐れはありますが、プリントに比べると長持ちしやすいと言えるでしょう。

かっこいい書体で個性を演出できる

プリント印刷のオリジナルTシャツでも文字を印刷することができますが、どことなく安っぽい印象になりがちです。

その点、刺繍のオリジナルTシャツならリッチな仕上がりになるのはもちろん、かっこいい書体で個性を演出することもできます。

人それぞれ好みの書体が異なると思いますので、書体の種類が豊富な業者を選ぶとさまざまなイメージのオリジナルTシャツを作ることができますよ。

刺繍のオリジナルTシャツを作るデメリット

刺繍のオリジナルTシャツには、デメリットもあるのでご紹介します。

Tシャツの用途や発注枚数などによって選択すると良いでしょう。

印刷よりも高額になる

刺繍のオリジナルTシャツは、印刷よりも高額になる可能性があります。

高級感のあるTシャツに仕上がるのはメリットですが、手間がかかるぶん高額になると考えられます。

こだわりの刺繍を施したオリジナルTシャツを作りたい人は、たとえ高額でも作るメリットはあるでしょう。

大量発注には向かない

刺繍のオリジナルTシャツは、作成に時間と手間がかかるため大量発注には向いていません。

とはいえ、1枚オーダーよりも枚数が多いほうが割安になるため、オーダーする業者を選ぶ際には何枚でいくらになるのか見積りをし、コスパの良い業者を選ぶと良いでしょう。

デザインのサイズがプリントよりも小さい

刺繍のオリジナルTシャツを作るデメリットは、プリントよりもデザインのサイズが小さくなってしまうことです。

プリントであればTシャツ全体に印刷することも可能ですが、刺繍の場合はかなりコストがかかって高額になります。

対応可能な業者も限られてしまうでしょう。

シンプルで高級感のあるオリジナルTシャツを作りたい人には向いていますが、派手なデザインのオリジナルTシャツを作りたい人には刺繍はおすすめできません。

かっこいい刺繍のオリジナルTシャツを作れる業者

では、かっこいい刺繍のオリジナルTシャツを作れる業者をご紹介します。

JET CHOP

「JET CHOP」は、さまざまな書体から好きな刺繍文字を選べる業者です。

シンプルな書体から個性的な書体まで豊富な種類から選べます。

文字によってイメージが異なるので、実際に見てから注文できるのもうれしいポイントですね。

イラストや写真のプリントと刺繍文字を組み合わせたり、外国語と日本語の文字を組み合わせたりすることも可能です。

また、「セリフ」と呼ばれる文字の装飾をするかしないかでも、大きくイメージが異なります。

詳しい解説はブログにも書かれているので、ぜひチェックしてみてください。

Takahama LIFE ART

「Takahama LIFE ART」は、刺繍の縫い方を選べる業者です。

さまざまな書体から文字を選べるうえ、糸の色も豊富な種類から選ぶことができます。

基本の縫い方は3種類あり、「サテン縫い」「タタミ縫い」「ステッチ縫い」から選べます。

  • サテン縫い:もっとも一般的な縫い方。ネームに適している。
  • タタミ縫い:畳のように細かく縫う方法。サテン縫いよりも強度が強いのが特徴。
  • ステッチ縫い:点線で文字を表現する縫い方。小さな文字に適している。

また、より立体的に盛り上がったリッチな仕上がりにしたい場合には、「3D加工」もできます。

陰影の部分は糸を2色使いにして、ウレタンのクッション材を中に縫い込むことでより立体的に仕上げることが可能です。

RUB-LAB

「RUB-LAB」は、シンプルなデザインであれば文字以外も刺繍することが可能な業者です。

星型やハートマークなど、ワンポイントが入っているだけでグンと個性的なオリジナルTシャツになりますよね。

また、シルクプリントや転写などと、刺繍文字を組み合わせることも可能です。

ユニクロ

「ユニクロ」でオリジナルTシャツをカスタマイズすると、プリントだけでなく刺繍を選ぶことも可能です。

大切な人の名前を入れたり、お揃いのユニフォームを作ったりするときに利用すれば、自分だけの世界で1枚のオリジナルTシャツを作れます。

ユニクロの刺繍は、文字のみの対応となっています。

刺繍のオリジナルTシャツを作る際の注意点

かっこいい刺繍でオリジナルTシャツを作るメリットは多いですが、刺繍ならではの注意点もあります。

Tシャツは伸縮性がある生地のため、刺繍をすると生地が引っ張られて生地が縮んでしまう恐れがあります。

見た目にはシワが寄ったように見えてしまうため、Tシャツの素材選びにも注意したほうが良いでしょう。

オリジナルTシャツを作るなら、できるだけ厚手の綿素材を選ぶのがおすすめです。

刺繍でかっこいいオリジナルTシャツを作ろう!

刺繍のオリジナルTシャツを作るメリット・デメリットや業者選びについてご紹介しました。

プリントよりも高級感があって、かっこいいオリジナルTシャツを作りたい人には刺繍がおすすめです。

ただ、プリントよりも高額になる恐れがあるため、コスパや用途などによって選ぶと良いでしょう。

今すぐデザインする

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


オリジナルプリントマスク
オリジナルプリントマスク