思わず真似したくなる!自作オリジナルスマホケースの作り方とデザイン特集

オリジナルスマホケースが欲しいと思っても、作り方が分からなければ作れませんよね。

しかし、皆さんが思っているよりもずっと簡単に、オリジナルのスマホケースは作れます。

ここでは、いくつか作品例を挙げながら作り方の紹介を行っていきます。

必要な材料も合わせて紹介しますので、この機会にオリジナルのスマホケースを自作してみてはいかがでしょうか?

自分だけのオリジナルスマホケースを作る方法とは

方法1.レジン

必要なものは1液タイプのUVレジン液UVライトです。

まずは、土台となるスマホーケースにUVレジン液を筆で塗ります。
ラインストーンや押し花などパーツを付けたい場合は、このタイミングで配置しましょう。

その後、規定の時間UVライトを当てて硬化させて下さい。
レジンクリーナーで余分なレジンを拭き取ったら完成です。

ツヤ感や厚みが欲しいという場合には、もう一度UVレジン液を塗るとイメージ通りの仕上がりになります。

方法2.マニキュア

マニキュアを使う方法はとてもシンプルで、初心者の方にも挑戦しやすい方法です。

方法は簡単で、スマホケースにマニキュアを絵の具を塗るように塗布していきます。
塗布が終わりマニキュアが完全に乾いたら完成です。

少し凝ったデザインを希望している場合は、水の上にマニキュアを数滴たらして、スマホケースをくぐらせてみて下さい。
簡単にマーブル模様のスマホケースができます。

仕上げにトップコートを全体的に塗ったら完成です。

トップコートがない場合は、工作用の透明なニスでも代用可能なので試してみて下さい。

方法3.デコパージュ

必要な材料は、デコパージュ液使いたい写真を印刷した紙、もしくはデザイン性の高いペーパーナプキンです。

まずは、デコパージュ液を薄く塗りましょう。

そして、スマホケースを包むように印刷用紙、またはペーパーナプキンを貼り付けます。
この時は、ヘラなどを使って空気が入らないように貼り付けて下さい。

そのあとは、デコパージュ液を塗っては乾かして…を3~5回ほど繰り返し、完全に乾いたら完成です。

スマホケースからはみ出た部分はハサミで処理をして下さい。
剥がれないように処理した部分にもデコパージュ液を塗りましょう。

方法4.マスキングテープやシール

マスキングテープシールを貼るだけでも、簡単にオリジナルのスマホケースができます。

そのままだと剥がれてきてしまうので、透明ニス・デコパージュ液などを塗りマスキングテープやシールを保護して下さい。
マットに仕上げたい場合は、つやなしニスがおすすめです。

表から貼り付ける方法と裏面から貼り付ける方法がありますので、好みで作ってみて下さい。

方法5.パーツやストーン

布製品のパーツラインストーンを使う方法もあり、作品に立体感が欲しい場合に取り入れると良いでしょう。

これは、上記で紹介したどの作り方にも応用する事ができますが、一番おすすめの組み合わせはUVレジンです。

貼り付けたいパーツの裏側にUVレジンを塗り、上から少量のレジンを塗布し硬化させたら完成です。

作品に立体感がいらないという場合には、UVレジンを厚めに塗りパーツを埋め込んで下さい。

また違った雰囲気になるので埋め込む方法もおすすめです。

失敗しない!自作する時のポイント

ポイント1.土台のスマホケースの汚れをきれいにしてから!

UVレジン液やマニキュアなどが付着しやすいよう、土台となるスマホケースをアルコールで拭いておきましょう。

ホコリや汚れがついていると、仕上がりに影響する可能性があります

ポイント2.仕上げが大切

仕上げに透明ニスやUVレジンを塗ることが大切です。

傷や汚れ防止はもちろん耐久性が向上するので、仕上げに透明ニス(トップコートなど)を塗りましょう。

また、何かを貼り付ける場合は、端の処理を忘れないで行って下さい。

できれば、処理した場所にも透明ニス・トップコート・UVレジンなどを塗布すると、耐久性があがるのでオススメです。

ポイント3.予めデザインを考えておく

予めデザインを考えておくことが、自作のスマホケースを完成させる大切なポイントです。

UVレジンの場合は硬化させるまで作業が続けられますが、マニキュアやデコパージュ液は塗った場所から乾いてしまい、後からデザインの修正をすることが難しいです。

作業前にデザインを考え、手際よく作業を行いましょう。

【参考】真似したくなる自作スマホケースのデザイン例

UVレジン×押し花×スマホケース

押し花やラメを張り付けたり埋め込むだけです。

初心者にもおすすめのデザインなので、UVレジンで作ってみて下さい。

マニキュア×宇宙柄×スマホケース

マニキュアを複数色揃えれば、宇宙柄のスマホケースも簡単に作れます。

ラメも何種類か用意すると良いでしょう。仕上げにトップコートを塗る事を忘れないで下さい。

デコパージュ×ペーパーナプキン×スマホケース

デコパージュ液とデザイン性の高いペーパーナプキンさえあれば、アンティーク風なスマホケースも作れます。

初心者にもおすすめの方法です。

マスキングテープ×スマホケース

マスキングテープを使うだけで、こんなにかわいいスマホケースができます。

これは裏面からマスキングテープを張って作ったものです。

耐久性を向上させるために、仕上げに透明ニスを塗りましょう。

ラインストーン×スマホケース

下地を描いておくと、ラインストーンを正確に配置する事ができます。

描く事が難しい場合は、気に入った模様のシールで代用して下さい。

下地に沿って接着剤を塗り、ラインストーンを配置したら完成です。

そのままでも大丈夫ですが、耐久性を上げたい場合は仕上げに透明ニスを塗ってラインストーンをコーティングして下さい。

デコパーツ×レジン×スマホケース

デコパーツとレジンを組み合わせたシンプルながらもおしゃれなスマホケース。

パーツを乗せるだけでもおしゃれに仕上がるので、不器用さんでも簡単に作れます。

自分だけのオリジナルスマホケースを作ろう!

必要な材料や道具さえ揃えれば、自分でも簡単にスマホケースを作る事ができます。

今回はシンプルなデザインを中心に作り方の紹介をしましたが、凝ったデザインのスマホケースを作りたい場合は、オリジナルグッズラボを利用してみてはいかがでしょうか?

作るのに必要なのはスマホ1台だけ!
WEB上で簡単にデザインを作れるうえに、作ったスマホケースは宅配便で自宅に届きます。

1個からでも業界最安値で作成できるので、自分用に世界にひとつだけのスマホケースがほしいという人にぴったりです。

この機会に自分だけのスマホケース作りにチャレンジしてみましょう。

今すぐデザインする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA