/

用途によって注文しよう!オリジナルステッカーを製作できる業者7選

オリジナルステッカーが貼ってあるだけで、何の変哲もないグッズにも愛着がわきますよね。

オリジナルステッカーは、ノートやパソコン、マグカップやクリアファイル、車や壁などさまざまな場所に貼れます。

このように、ステッカーとひとことで言っても、単なるシールのようなステッカーから、屋外でも使用できるステッカーまでその種類はさまざまです。

まずは、何に貼るためのステッカーが欲しいのかを決めてから、オリジナルステッカーを製作できる業者を選ぶとスムーズに注文できますよ。

オリジナルステッカーを製作できる業者7選

オリジナルステッカーを製作できる業者を7社ご紹介します。

それぞれに対応しているステッカーのタイプが異なるため、何に使用するステッカーなのかを決めてから業者を選びましょう。

また、1枚から製作できる業者でも、価格が高額になるケースもあるため、料金と枚数を考慮して業者を選ぶようにしましょう。

それぞれの業者の特徴を把握したうえで注文することが大切です。

pixivFACTORY

「pixivFACTORY」は、オリジナルステッカーを1枚から製作できる業者です。

素材は「ホワイト塩ビ(白塩ビ)」と「透明塩ビ」の2種類のため、背景が「白」か「クリア(透明)」になり、2種類からお好みで選べます。

塩ビは耐水性が高いのも特徴です。

サイズは100×100mmと160×160mmの2サイズです。

100×100mmのホワイトを1枚注文で400円、100×100mmの透明を1枚注文で440円となります。

>>>pixivFACTORY公式サイト

シール直送便

「シール直送便」は、オリジナルステッカーを10枚から製作できる業者です。

こちらのサイトでは、屋内用を「シール」、屋外用を「ステッカー」として案内していますので、用途によって内容をご確認ください。

屋外用のステッカーは、耐候性が1~2年のスタンダードステッカーで10枚2434円~です。

屋内用の上質紙シールは、10枚で1357円~となっています。

屋内用のシールには、耐水性のありなしや、表面の加工によってさまざまなタイプがあります。

>>>シール直送便公式サイト

ステッカーラボ

「ステッカーラボ」は、オリジナルステッカーを50枚から製作できる業者です。

サイズは100×100mmと160×160mmの2サイズから選べます。背景は、ホワイトとクリア(透明)の2種類から選べます。

印刷は「溶剤インクジェット」を使用していて、表面にはクリアコーティングを施しているため、屋内外で使用でき、耐久性が良いことが特徴です。

最安値で100×100mmのホワイトステッカー・シールが164円~で製作できます。

>>>ステッカーラボ公式サイト

DIGITA

「DIGITA(デジタ)」は、オリジナルステッカーを1枚から製作できる業者です。

「かんたん注文」という専用フォームより、希望のサイズや用紙タイプ、接着のりやラミネート加工などを細かく条件指定することで料金がわかります。

さまざまなオプションも専用フォームに記されているため、簡単に見積もりできます。

まずは屋内用のシール印刷なのか、屋外用のステッカー印刷なのかを選び、そこから条件を指定していきましょう。

屋内用のシール印刷で851円~、屋外用のステッカーで1001円~となっています。

>>>DIGITA(デジタ)公式サイト

STICKER APP

「STICKER APP」は、オリジナルステッカーを84枚から製作できる業者です。

1枚に複数カットを作成する「シート」の場合は、1枚からオーダーできます。

その際の最小サイズは「3×3センチ40カット(1枚あたり)」、最大サイズは「8×8センチ6カット(1枚あたり)」になります。

オリジナルステッカーはもちろん、クリエイターがデザインしたかわいいステッカーも購入できます。

>>>STICKER APP公式サイト

チットプラス

「チットプラス」は、オリジナルステッカーを1枚から製作できる業者です。

屋外でも使用できる「塩ビシート」や「車両用ステッカー」、壁にデザインできる「ウォールステッカー」などもあります。

どの種類も1枚から注文できますが、塩ビシート5×2センチ(10平方センチ)を1枚注文で2400円と多少高価になります。

ただし、2枚注文で1枚あたり1700円、5枚注文で1枚あたり900円とお安くなるので、大量発注でなくともお得になるのはうれしいですね。

>>>チットプラス公式サイト

電脳ステッカー

「電脳ステッカー」は、オリジナルステッカーを1枚から製作できる業者です。

車ステッカーから商品ラベルまで、さまざまな種類のステッカーを製作できます。

車ステッカーにもさまざまな種類があり、個人用の小型ステッカーはもちろん、営業車用の社名ステッカーや痛車ステッカーなどの大型ステッカーにも対応しています。

また、店舗の屋外看板に貼るステッカーやウィンドウに装飾するステッカーなども製作できます。

さらに、自宅の壁紙などに貼る装飾用ステッカーやTシャツなどに貼るアイロンプリントまで、さまざまな種類のステッカーを作れるのが特徴の業者です。

それぞれ素材やサイズ、加工などを入力するだけで簡単に料金が計算されるため、まずはお見積りからチェックしてみてください。

>>>電脳ステッカー公式サイト

オリジナルステッカーの選び方

オリジナルステッカーを選ぶ際には、あらかじめどのようなタイプにするのかを決めておく必要があります。

スムーズに注文できるように、ステッカーの選び方についてご紹介します。

「屋内用」か「屋外用」を選ぶ

まずは、オリジナルステッカーを屋外で使用するのか、屋内で使用するのかを選びましょう。

車や自転車などにステッカーを貼る場合には、雨にぬれても大丈夫な加工が施されている必要があります。

用途によって「用紙タイプ」を選ぶ

屋外で使用する場合には、塩ビシートなどの水に強い素材を選ぶ必要があります。

また、屋内で利用する場合にも、その用途によって耐水性が必要になります。

また、耐水性だけでなく、冷凍庫に入れてもOKの用紙タイプもあるため、どのような使い方をするステッカーなのかを決めておきましょう。

さらに、剥がれにくい接着のりを使用した用紙タイプや、逆に、剥がしやすい接着のりを使用した用紙タイプもあります。

一度貼っても剥がせる「再剥離」がある

オリジナルステッカーは、一度貼ってそのまま使用するなら問題ありませんが、剥がして他のものに貼りつけたい場合もありますよね。

その場合には、一度貼っても剥がせる「再剥離」タイプを選ぶことも可能です。

業者によって対応しているかどうか、また、追加料金が必要かどうかなどが異なるため、あらかじめチェックしておきましょう。

サイズ・形・枚数を選ぶ

個人で利用する際には、1枚だけ欲しい場合もありますよね。

そのため、1枚から注文できる業者なのかどうか「最小ロット」をチェックしておきましょう。

また、面積によって細かく料金が設定されている場合もあるため、あらかじめ縦横の長さを決めておく必要があります。

用途によってオリジナルステッカーを注文しよう!

オリジナルステッカーといっても、素材や用途などによってさまざまな種類のステッカーがあります。

また、屋内で使用するシールタイプや、屋外でも使用できるステッカータイプなど、耐水性や粘着力などによっても細かく種類が分かれています。

まずは、どこに使用するオリジナルステッカーが欲しいのかを検討して、その用途に合ったオリジナルステッカーを注文してみましょう。

1枚から製作できる業者もたくさんありますが、1枚の価格が高額になる業者もあります。

見積りを作成するなどして、料金も考慮しながらこだわりのオリジナルステッカーを注文しましょう!

エディタで簡単♪今すぐデザインする!
エディタで簡単♪今すぐデザインする!
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


オリジナルプリントマスク
オリジナルプリントマスク