/

【おしゃれ】コルク製コースターのオリジナル作成が人気!メリット・デメリットも解説!

今、コルク製のオリジナルコースター作成が人気です。

主な理由として、実用性が高いことや素朴な風合いを楽しめることなど挙げられます。

でも、コルク製のオリジナルコースターを実際に作成する前に、どんなメリット・デメリットがあるのか知りたいですよね?

それに、コルク製にこだわらないのなら、そのほかの素材のものも検討してみたいのでは?

そこで今回は、コルク製のコースターのオリジナル作成を中心にお話しつつ、そのほかの素材のコースターについてもご紹介していきます。

とても役に立つ内容なので、ぜひ最後までじっくり読んでみてください!

コルク製のコースターが人気の理由は何?納得のメリット4つにズームアップ!

コルク製のオリジナルコースターとアイスコーヒー

<p最初に、コルク製のオリジナルコースターがどうして人気なのか、主なメリットを見ていきましょう。

それぞれ、共感できるはずです。

メリット1:素朴な風合いがある!

コルク製のコースターは、なんといってもその素朴な風合いが最大のメリットです。

見ていて落ち着きを感じるので、癒やされると評価する人も大勢。

ナチュラルなデザインとの相性も抜群で、カントリー風のテーブルウェアにもピッタリです。

心安らぐ食卓を演出したいのなら、コルク製コースターを検討するとよいでしょう。

メリット2:水分を吸収しやすい!

水分を吸収しやすいのも、コルク製コースターの大きなメリットといえます。

コースターは、コップなどから落ちる水滴がテーブルに付着しないようにする役割があるもの。

その点、コルク製コースターなら水分をすぐに吸収してくれるので、安心です。

大切なテーブルにシミを付けたくないのなら、コルク製コースターが役立つことでしょう。

メリット3:軽くて割れない!

重さが軽いのも、コルク製コースターのメリットの一つでしょう。

持ち運びしやすいので、食卓の準備や片付けが簡単にできます。

また、複数枚をまとめて保管する際、高所に収納しても無問題。

また、落としても割れることがないので、子どもにも安心して使うことができます。

メリット4:音を吸収してくれる!

コルク製のコースターは、音を吸収してくれるのもメリットといえます。

ガラス製・陶器製のコップやカップは、テーブルに置くときにどうしても音がしがち。

でも、コルク製のコースターの上に置けば、ほとんど音がしないのです。

上品で静かな食卓を演出したいのなら、コルク製コースターがおすすめです。

コルク製のコースターのデメリットは?こんな点が困る4つをチェック!

珪藻土製のコースター3つ

コルク製のコースターには、もちろんデメリットもあります。

ここでは、どんなデメリットがあるか具体的に見ていきましょう。

デメリット1:洗えない

コルク製のコースターのデメリットとして、洗えない点を挙げることができます。

コースターは、細かな木片をぎゅっと圧縮して作られた素材。

そのため、洗ってしまうとバラバラになってしまうのです。

汚れても、拭いてお手入れすることになるので、ちょっと気になる人が多いのも納得でしょう。

デメリット2:ボロボロになりやすい

コルク製のコースターは、傷んでくると表面がボロボロになりやすいのもデメリットです。

コースターとして使う分には問題ありませんが、見た目がみすぼらしく見えてしまうのが何よりもの困りごと。

特に、お客さまに使いたい場合には、出すのを戸惑ってしまうことでしょう。

基本的に、ボロボロになったコルクは補修が難しいので、処分を考えることになってしまいます。

デメリット3:カビが生えることがある

カビが生えることがあるのも、コルク製コースターのデメリットといえます。

コルク製のコースターは「、水分を吸収するとき同時に汚れも取り込んでしまいがち。

すると、条件によってはカビの温床となってしまうのです。

梅雨の時期などは、ちょっと油断するとカビが生えやすいので、注意が必要です。

デメリット4:デザインの色が沈んでしまう

コルク製のコースターのデメリットとして、デザインの色が沈んでしまいがちなのも見逃がせません。

特に、フルカラーの写真印刷には向いていないので、注意してください。

コルクは表面がでこぼこしているっこともあり、写真画質だと荒くなりがち。

また、色味の印象が違ってしまうので、デザインする際に気を付けることが大切です。

コルク製以外のオリジナルコースターはどう?おすすめの素材をチェック!

指差ししながらにっこり笑う女性

コルク製以外にも、さまざまな素材でオリジナルコースターを作ることが可能です。

ここでは、コルク以外の素材にはどんなものがあるかご紹介しますね!

素材1:紙

使い捨てできて気軽に使えることで、飲食店などをメインに使われているのが紙製のオリジナルコースター。

大量かつ安価に製作でき、使いすてできるので衛生的なのもメリットです。

人気飲食ての紙製コースターは、マニアのコレクターズアイテムになるほど人気があります。

ただし、使い捨てなのでエコではない、デザインや品質によっては安っぽく見えるなどの点がデメリットです。

素材2:木板

木板のオリジナルコースターは、自然の素材を活かした風合いが人気です。

軽くて丈夫なので、取り扱いが多少雑でも安心でしょう。

水分も吸収しますが、若干乾きが遅いのがデメリット。

また、コルク素材と同様、お手入れが悪いとカビが生えやすいので注意が必要です。

素材3:アクリル

透明感のある素材でコースターを作りたいのなら、アクリル製のオリジナルコースターがおすすめです。

フルカラーの写真デザインも美しく映えるので、カラフルな表現をしたいときにもピッタリ。

ただし、水分吸収率はゼロなので、その点を理解できるかにカギがあるでしょう。

たとえば、常温の飲み物用に使うといった工夫をすれば、アクリル製のコースターをより楽しむことができます。

オリジナルアクリルコースター(丸型)

アクリルキーホルダーの丸型画像

オリジナルアクリルコースター(四角)

アクリルキーホルダーの四角画像

素材4:珪藻土(けいそうど)

水分をよく吸収する素材として、オリジナルコースターにもよく使われているのが珪藻土です。

珪藻土は、水分を素早く吸収・発散させることができ、バスマットなどにも幅広く使用されている素材。

オリジナルコースターにも、その性質を大きなメリットとして、数多く使われているのです。

ただし、ものによってはデザインの色がくすんでしまうこともあるので、素材チェックを念入りに行うことをおすすめします。

素材5:白雲石(はくうんせき)

最近注目度が高くなっているのが、白雲石。

天然の石材で、真っ白な色が印象的なオリジナルコースター用の素材です。

水分の吸収率がよく、色鮮やかなデザインも美しく表現可能。

激安で作成できるとはいえませんが、繰り返し使えるエコ素材の中でも注目すべき素材といえるでしょう。

オリジナル白雲石コースター(丸型)

白雲石のコースター画像

オリジナル白雲石コースター(四角)

白雲石コースター (四角型)

 

素材6:陶器

高級感を求める人から人気が高いのが、陶器製のオリジナルコースター。

汚れが浸透しにくく、美しいデザインを長く楽しむことができると好評です。

お皿やカップル類とお揃いで作ると、一体感のあるテーブルウェアとして重宝するでしょう。

半面、高価であること、落とすと割れてしまう、重いなどの点がデメリットです。

高品質なオリジナルコースターを作るならオリジナルグッズラボがおすすめ!

オリジナルグッズラボTOP画像

コルク製にこだわらないのなら、高品質なオリジナルコースターを作成できると評判のオリジナルグッズラボにオーダーするのがおすすめです!

アクリル製と白雲石製のオリジナルコースターが1個から安い&高品質!

オリジナルグッズラボでは、アクリル製・白雲石製の高品質なオリジナルコースターを1個から作成することができます。

詳しい内容は、以下をご覧ください。

種類 価格(税込み) 素材 形状 特徴
アクリルコースター 1,100円 アクリル 丸形・四角型 透明感のある美しさ!
白雲石コースター 1,500円 白雲石(裏面はコルク貼り) 丸形・四角型 水分吸収&美しい白色!

2種類の素材から、仕上がりの好みや使い勝手をじっくり比較して選んでみてください!

美しくて高品質な仕上がりが自慢&短納期発送対応で助かる!

オリジナルグッズラボは、高品質な仕上がりでも長年定評があるので安心です。

美しいUV印刷で、オリジナルデザインを鮮やかに表現可能。

多くの人が想像以上の仕上がりに、高評価を付けているのも納得です。

さらに、オーダー完了後3営業日発送でお待たせすることもありません!

オリジナルデザインとオーダーが簡単!無料のデザインエディタを完備!

デザインエディタ画像オリジナルコースターを作成

<p>無料のデザインエディタでオリジナルデザイン作成やオーダーが簡単にできるのも、オリジナルグッズラボをおすすめする理由です。

実際に使ってみると分かりますが、特別なデザインソフトを持っていなくても、パソコンやスマホからアプリを操作する感覚でデザインできるのです。

デザインが完成したら、そのままオーダー画面に進んでオーダー可能に。

とにかく、あっという間にオリジナルコースターを作成できるので、ぜひ一度お試しください!

まとめ

今回は、コルク製のコースターをオリジナル作成することについて詳しくご紹介しました。

コルク製のコースターは、素朴な風合いや軽さなどが主な人気の理由です。

ただし、カビが生えやすい、デザインの色が沈んでしまうなどのデメリットも。

もしもコルク製にこだわらないのなら、高品質なオリジナルコースターが安い価格で作成できるオリジナルグッズラボにオーダーすることを考えてみてください!

エディタで簡単♪今すぐデザインする!
エディタで簡単♪今すぐデザインする!

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


オリジナルプリントマスク
オリジナルプリントマスク