/

ギターピックをプレゼントしたい!プレゼント用ギターピックを用意するためのポイントとは

ギターを演奏している人やギターの練習を始めた人などに何かプレゼントするなら、ギターピックはどうでしょうか。

ギターの演奏をするのであれば欠かせないものですし、素材や厚みの違いによって音色が全然違ってくるので、ギタリストなら複数枚持っておきたいものだからです。

ギターピックの種類は色々

一口にギターピックと言っても、実は色々な種類があります。

例えば形状で言えば、オーソドックスなおにぎり型の他にティアドロップ型、トライアングル型などがあるので、プレゼントする相手のお好きな形状を調べておくと良いでしょう。

ギターピックにデザインをする予定であれば、デザインする面が広い、おにぎり型をおすすめします。

ギターピックの厚みも、ギタリストがこだわるところです。

厚みがあるほうがキレのあるサウンドを作りやすいので、演奏に重きをおいた中級者以上であれば、ミディアム以上の厚みのギターピックを選んであげてください。

逆に、まだギター初心者にプレゼントする場合は、弦を弾いたときの抵抗が少ない、薄めのギターピックを選ぶようにしてください。

ギターピックは素材も大切

ギターピックは、実は色々な素材で作られているということをご存知でしたでしょうか。

一般的なのはセルロイドで、しなり具合がとても良いので、ギターを弾きやすいというメリットがあります。

反面、摩擦に弱いのですぐにダメになってしまいやすいですし、音の鋭さがイマイチというデメリットもあります。

プレゼントする相手がどの素材のギターピックを使っているかを事前に調べておくとギターピックの素材を決めやすいですが、もし分からなければ、無難なセルロイドのギターピックを選ぶことをおすすめします。

プレゼントする相手が使っているギターピックの素材が分からないけれども、バリバリの上級演奏者で、演奏にこだわりがある人であれば、ウルテムやPPS、ポリアセタールあたりを選ぶと良いかもしれません。

ウルテムは人の爪に近い感覚で弾ける素材として演奏者に大変人気ですし、ポリアセタールは、Jim Dunlop社が製造しているTORTEXに使われています。

TORTEXのピックは可愛らしいデザインのものが多く、amazonなどでも複数枚単位で販売されているので、購入してみて、事前にどんな素材なのか確認してみるのも良いでしょう。

PPSは、強度やしなり具合、削れにくさなどが良いバランスとなっている注目の新素材です。

パワフルな演奏だけでなく、繊細なタッチの演奏にも向いていますので、演奏の幅を広めたいと考えている相手にぴったりでしょう。

プレゼント用にアレンジしてもらおう!

ギターピックは、ギターを演奏しない人に対してもプレゼントすることができます。

ギターピックの形のままで渡しても良いですが、ギターピックを制作している業者では、ピックをアクセサリーに加工してくれるサービスも行っています。

例えば、ギターピックに穴をあけて、そこにボールチェーンや紐を通して携帯のストラップにしたり、ネックレスにしてしまうことも可能です。

これらのアクセサリーにしてプレゼントすれば、ギター演奏によって削れる心配がないので、長く手元に置いてもらえる可能性があります。

ただし、専門業者に依頼する場合は、ギターピックの注文が前提であることが多いです。

例えば、ギターピックを専門に扱っている業者の多くは、オリジナルのピックを作成をした上で、オプションとして、アクセサリーへの加工を行っています。

業者に依頼すると最少ロットが100個からという場合が多いので、誰か一人にプレゼントする場合には不向きかもしれません。

反対の見方をすれば、大勢の人にアクセサリーにしたギターピックを渡したい場合には、業者に大量発注をするとピック1枚あたり50円前後で作成できるので、お得感があるでしょう。

自分でプレゼント用のギターピックを作ってみる

多くの人にギターピックをプレゼントするのではなく、誰か個人にプレゼントするのであれば、自分でギターピックを作ってみてはどうでしょうか。

ギターピックは材料さえ揃えれば、自分で簡単に作ることができます。

ピックの素材となるデルリン板やアクリル板を用意して、それをピックの形に切り取れば、オリジナルのギターピックの出来上がりです。

自分で切り取るのが難しければ、ピックの形に切り取ることができるパンチを使うと良いでしょう。

パンチはamazonなどで、2,000〜4,000円代で購入することができます。

また、切り取ったパンチの仕上げのために、ヤスリがけをするのを忘れないでください。

切り取った部分が磨かれていなければ、演奏する時に手を怪我する危険性があるからです。

ギターピックを磨くためのパンチもamazonなどで購入することができるので、ぜひチェックしてみてください。

ギターピックの形に切り取ることができたら、プレゼントらしく、そこにデザインをしてみるのも良いでしょう。

自宅のプリンターで印刷するのも良いですが、それだとプリンターが壊れてしまう可能性が高いです。

そこでおすすめするのがタトゥーシールで、シールにお好きな柄を印刷して、それを切り取ったギターピックに貼り付けることによって、オリジナルのギターピックを作ってみましょう。

ぜひ、相手が喜ぶようなデザインを考えてみてください。

自分でギターピックをアクセサリーにしてみる

前述したように、専門業者ではオプションで、ギターピックをアクセサリーにするサービスを行っています。

しかし、自宅でギターピックを作成した場合、アクセサリーにするように業者に頼むのは、ほぼ不可能でしょう。

ギターピックに穴をあけてチェーンや紐を通す作業は、実は自分で行うことができます。

必要なものは、穴を開けるピンバイスと下敷き用のマットです。

ピンバイスとは穴開け用のドリルのことで、1,200円くらいで販売しています。

ピンバイスを使ってお好きな位置に穴を開けましょう。

穴をあける位置は、外縁から内側へ2mmくらいのところがベストです。

外縁から2mm以内に穴をあけると、ピックが割れやすくなりますし、逆に中心よりだと、描かれているデザインを台無しにしてしまう危険性があります。

一応の目安ですが、外側から2mmくらいの場所に穴をあけて、そこにボールチェーンや紐を通しましょう。

直接ボールチェーンや紐を通すのではなく、丸カンを通せば、さらにアクセサリーの幅が広がります。

丸カンを通す場合は、ヤットコと呼ばれるペンチの先が尖った感じの道具を使うと簡単です。

ヤットコを使って丸カンを広げるのですが、あまり無理に広げすぎると丸カンが歪んでしまうので、注意してください。

丸カンをつけてしまえば、キーホルダーにするなど使い道が増えますので、ぜひチャレンジしてみてください。

ギターピックをプレゼントしてみよう!

ギターピックは演奏をする人だけでなく、バンドが好きなファンに対してなど、色々なプレゼントに最適です。

贈る相手が演奏上級者の人なのか、それとも単にギターが好きな人なのかによって、プレゼントするピックの種類も変わってきます。

まずはピックの形状や素材などを吟味して、贈る相手に合ったギターピックをプレゼントしましょう。

ピックそのものを贈るのも良いですし、アクセサリーにして、ずっと手元に置いてもらうのも良いものです。

相手が喜ぶギターピックをプレゼントしてください。

エディタで簡単♪今すぐデザインする!
エディタで簡単♪今すぐデザインする!

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


オリジナルプリントマスク
オリジナルプリントマスク