/

【小ロット注文歓迎! 】オリジナルライターをつくる時の注意点と製作会社7選

ノベルティやオリジナルグッズを作ったものの、製作できるロット数と実際に欲しかった数に開きがあってグッズが余ってしまうことは珍しくありません。

今回の記事では、オリジナルグッズとして定番のライターを小ロットで製作してくれる会社と、依頼する前に覚えておきたい点を紹介します。

オリジナルライターを作る前に考えておきたいこと

オリジナルのライターを発注するときになって慌てたり納品されてから予定していたものと違ったりする、ということが起こらないために事前の段取りはとても大切です。

どんなライターを使って製作するのか

オリジナルライターを作るにあたって決めないといけないのは、どんなライターをベースにして製作するかという点です。

シンプルな着火ライターからアウトドアに使える多目的タイプや最近ではLEDライト付きもあります。

安いものであれば1本あたり30円くらいから作ってもらえます。

2,000円~3,000円ほどの予算があればZippoライターにレーザー彫刻を施して一生モノのオリジナルライターを作ることも可能です。

目的や予算に応じて使うライターをじっくり選びましょう。

使う人の好みやニーズに合ったデザインにする

オリジナルグッズは、使ってもらうことによってプロモーション効果や同じアイテムを持っている人同士の仲間意識を高めるといった目的もあるでしょう。

いつもどこでも気軽に使えるデザインを意識するなら目的達成もしやすくなります。

好みやニーズは使う人の年齢層や職業などによって様々です。

シンプルで無難なデザインは万人受けします。

目を引くカラーリングやデザインならファッションアイテムにもなるのでオシャレに敏感な人にはウケがいいでしょう。

オリジナルグッズの素材にできるライターは種類もカラーも豊富なのでターゲットの使い易さを考えながらデザインを決めることが成功の秘訣です。

希望するデザインのどう伝えるか

オリジナルライターのデザインが決まったら製作業者に内容を伝えることになります。

業者によってデータの入稿の仕方が異なるので、事前に確認して対応してもらえる方法で準備を進めましょう。

AdobeのIllustratorやPhotoshopで作成したデザインデータをメールや専用フォームから入稿する形をとっている業者が多くあります。

他にも、スマホで撮影した写真や画像データで入稿できる業者もあります。

中には手書きデータをFAXで受け付けるなど、柔軟に対応してくれる製作会社もあるので、希望の方法で対応可能か問い合わせてみるのもいいでしょう。

最小ロット数を確認する

オリジナルグッズを作る時に考えておかなければいけないのは、何個グッズを用意する必要があるかという点です。

それから、その必要数を製作できる業者を探すことになります。

グッズ製作業者は、同種の製品は何個からなら作れるという最小単位を設定しています。

これをロットと呼びます。

例えば、1ロット50個としている業者は、50個単位でグッズ作成する(50個以下では作れません)というわけです。

それで、作りたいオリジナルライターの数に対応してもらえるロット数を設定している業者を探す必要があります。

大量に頼めば単価を抑えられる

オリジナルグッズは一度の発注で製作する量が多ければ多いほど1個あたりの単価が安くなります。

たとえば、シンプルなライターで100個製作してもらうと1個当たりの単価が70円ほどの商品も10000個製作してもらうと単価が23円になる業者もあります。

このように、たくさん頼めば1個当たりのコストは抑えられ、逆に少量の製作は割高になるということです。

後からグッズの数が足りなくなるのは避けなければいけないので、必要数をよく計算してゆとりを持った量で製作依頼しましょう。

数が多いと納品までの日数がかかる

製作会社に依頼する数が多ければ多いほど、単価を安くすることができる一方、納期に関しては少量の場合より長くなる可能性があります。

500本位までであれば3営業日ほどで納品してくれる業者もあります。

それ以上の量やデザインが特殊な場合は、納期が長くなることが予想されます。

それで、希望の日時までにオリジナルライターが確実に手元にあるように納期の確認は必ずしましょう。

小ロットで製作可能なオリジナルグッズ会社7選

小規模イベントやプロモーションに助かる小ロットでグッズを作ってくれる会社はたくさんあります。

その中から今回は、単価や納期も考慮しながらお勧めできる7社を紹介します。

ツルヤ商会

50個からの製作依頼ができる小ロット専門のオリジナルライター屋さんです。

商品の選択からデザインの入稿まですべてサイト内の注文ページから完結できます。

画像データは、jpg,png,gif形式であれば対応してもらえます。

また、見本にしたいライターがあれば、写真を撮って送ればそれをもとに製作してもらうことも可能です。

ジャパンライター

グラデーションや鮮やかなフルカラー印刷も製作可能な会社です。

単色プリントのシンプルなライターであれば、最少ロットの100個で単価が50円以下になるものも扱っています。

プレゼントに人気なレーザー彫刻のオリジナルZippoは、1個から製作可能です。

ナイレライターズ

50個からの小ロットで製作してくれる会社です。

500本までであれば「超特急納品」サービスを利用して注文した日の翌々日までに届けてもらえるライターがあります。

500本以上でも2000本以内なら「特急納品」サービスで注文日を含めて最短4営業日目に到着する商品もあります。

短い納期で製作してくれる会社を探しているならおすすめの業者さんです。

デザインレーベル

いろいろなオリジナルノベルティグッズを製作している会社です。

自社ブランドのオリジナルライターも販売していて、全部で50種類以上のなかから選ぶことができます。

どんなライターを使って作ろうか迷っているなら、こちらではじっくり選ぶことができるのでお勧めです。

最小ロットは200本になります。

Cria-クリア-

フルカラー印刷を50本から製作できる老舗のオリジナルライター専門店です。

デザインはIllustratorのデータで送るのが基本になるものの、FAXや郵送のデザインでも柔軟に対応してもらえます。

注文用紙はWEBからダウンロードできるようになっています。

少量だけどフルカラー印刷で作りたい時に使えるショップです。

フレアデザイン

200個からの小ロットで注文できる名入れライター通販専門店です。

注文はWEB、FAX、メール、電話のどれでも対応してもらえます。

商品サンプルの無料サービスがあるので、手にとって実物を確認してから使う商品を決めることができます。

納期は10日~16日程度になっていますので、ゆとりを持って早めに依頼する必要があります。

三洋プロセス

QRコードプリントやプリクラ写真をプリントするなど他とは違ったライターが作れる会社です。

夜9時まで電話受付をしているので、忙しい人も安心してお願いできます。

フルカラー少量印刷の名刺ライターは50本単位で製作可能です。

特殊印刷で人と被らないオリジナルライターを作るのにピッタリな業者です。

要望を形にしてくれる製作会社を見つけて、オリジナルライターを作ろう

今回の記事では、オリジナルライターを作るために考えておきたい点と小ロットで製作してくれる会社をご紹介しました。

他にはないオリジナリティ溢れるライター製作に役立てていただければ嬉しいです。

エディタで簡単♪今すぐデザインする!
エディタで簡単♪今すぐデザインする!
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


オリジナルプリントマスク
オリジナルプリントマスク