/

【ジャニーズファン必見】推しの立ち姿をいつでも拝める、アクスタの作り方!

ジャニーズファンの間で、流行っている「アクスタ」をご存知でしょうか?

アクリルスタンドの略称で、推しの立ち姿をアクリルでスタンドにしたアイテムで、自宅に飾ったり、グッズと一緒に写真を撮ったりするなど、いつも推しがそばにいてくれます。

今回は、ジャニーズファン必見のアクスタについて、必要なアイテムや作り方などをご紹介します。

持ち運びに便利なアクスタケースの作り方もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

アクスタとは

アクスタとは、ジャニーズのメンバーの立ち姿がアクリルにプリントされたグッズです。

いつでも推しの立ち姿を見られるグッズとあって、ジャニーズファンの間でとても人気になっています!

公式グッズとして販売されていますが、アクスタを求めるジャニオタの方が多いため売り切れることが多く、「推しのアクスタに出会えない…」と悲しみにくれる声も聞こえてきます。

そんな大人気のアクスタですが、手作りするジャニーズファンも多いです。

100均でそろうアイテムで作ることができるので、公式グッズを購入できなくても大丈夫ですね。

アクスタは、自宅に飾るだけでなく、持ち運んで楽しむこともできます。

ミュージックビデオの舞台やテレビ番組のロケ地、聖地などに持っていけば、記念写真に推しのアクスタを入れるなんてこともできて、オタ活がもっと楽しくなるはずです!

アクスタの作り方を覚えて、推しのアクスタをいつでもそばに飾ったり、持ち運んだりしてみましょう。

アクスタ作りに必要なアイテム

アクスタ作りに必要なアイテムをそろえるところから始めましょう。

アクリルの板などのアイテムを使用しますが、ほとんどが100均でそろえられるので、ジャニーズファンのお財布にも優しいですよ。

アクスタの手作りに必要なアイテムをご紹介していきます。

推しの立ち姿が移っている雑誌のコピー

アクリル板に貼り付ける推しの立ち姿を選びましょう。

雑誌からお気に入りのメンバーを見つけて、コピーするのがおすすめです。

サイズが小さいとアクスタも小さくなってしまうので、どのくらいのアクスタを作りたいかを決めて、最適なサイズのコピーを用意しましょう。

アクリル板

アクリル板は、アクスタの本体と土台に使用します。

アクリル板は100均で購入することができ、サイズは290mm×200mmほどなので、アクスタを複数作ることもできる余裕のある大きさになっています。

透明や黒、白などカラーがいくつかありますが、透明のアクリル板を使うのがおすすめです。

OPPテープ

OPPテープも100均でそろえることができます。

セロテープよりも粘着力や透明度が高いので、雑誌のコピーとアクリル板を貼るときにぴったりのアイテムです。

アクリルカッター

アクリルカッターは、ホームセンターなどで購入できる工具で、プラスチックカッターとも言われています。

カッターやはさみでも切ることはできますが、力が必要になったり、切断面がギザギザになってしまったりします。

アクリルカッターを使用すれば、アクリル板に溝を作って折ることによって、きれいに切断することが可能です。

100均では購入できませんが、きれいなアクスタを作りたい方やたくさんアクスタを作っていこうと考えている方は、持っておいて損のない工具となっています。

やすり

カットした後のアクリル板を磨くときに、やすりを使います。

100均には、紙やすりやホビー用やすりが売っており、柄がついていて削りやすいホビー用やすりがおすすめです。

その他に必要なアイテム

その他には、本体と土台を接着する瞬間接着剤や、雑誌のコピーを切り抜くはさみなどが必要になります。

アクスタを後ろから見ても映えるように色紙を貼ったり、推しをふちどったりするときは、カッティングシートを用意するのも良いですね。

ジャニーズオタク必見!アクスタの作り方

アクスタに必要なアイテムがそろったら、さっそく手作りしていきましょう。

普段使い慣れないアクリル板やアクリルカッターなどを使いますが、手順を一つ一つこなしていけば、初めての方でも簡単に作ることができます。

手順

  1. 雑誌のコピーなどからアクスタに使う推しの立ち姿を切り抜く
  2. 切り抜いたコピーの裏にOPPテープを貼る
  3. OPPテープを貼った部分とアクリル板を接着する
  4. アクリルカッターなどで推しの立ち姿の周りに余白が残るようにアクリル板を切る
  5. アクリル板の切断面をやすりで磨く
  6. アクリル板から土台の形を切り抜く
  7. 瞬間接着剤などでアクスタ本体と土台を接着して完成!

アクスタを持ち運びたいときは、本体と土台を接着せずに分けられるように作るのがおすすめです。

土台に差し込めるように本体の下の部分に出っ張りを残してアクリル板を切り、土台に差し込む溝を作りましょう。

接着しなくても溝に差し込むだけで、推しが立ち上がりますよ。

持ち運びに便利!アクスタケースも手作りしてみよう

アクスタ本体と土台を取り外せるように手作りをすると、お出かけなどに持ち運びやすくなります。

そのままバッグに入れると折れたり、キズが付いたりすることもあるので、アクスタを持ち運べるアクスタケースがあると便利です。

アクスタと同じく、手作りすることができるので、アクスタとセットで作ってみましょう。

アクスタケースに必要なアイテムや作り方、アイディアをご紹介します。

アクスタケースづくりに必要なアイテム

アクスタケースづくりにも、100均アイテムが大活躍します。

用意するのは、SDカードケースとスポンジシートの2つだけです。

ケースをデコレーションしたい方は、シールやマスキングテープ、推しの切り抜きなどを用意すると、自分だけのアクスタケースを作ることができます。

アクスタケースの作り方

アクスタケースは以下のような流れで作ることができます。

  1. SDカードケースの中身を取り出す
  2. SDカードケースの形にスポンジシートに型をとる
  3. 型にアクスタ本体の型をとる
  4. SDカードケースの内側に両面テープでスポンジシートを固定する

両面テープがそのままだと、ケースから見えてしまうこともあります。

メンバーの名前やグループ名などをデザインしたシートを差し込めば、手作りとは思えないグッズになること間違いなしです。

アクスタケースのアイデア

アクスタケースはアレンジしやすいのが、ジャニーズファンにうれしいポイントです。

スポンジシートをメンバーカラーにしたり、シールを貼ったりすれば、あなただけの推しアイテムになります。

思い思いのアクスタケースを作って色々なところに推しと一緒にでかけてみましょう!

アクスタを手作りして推しを自宅に飾ろう

公式グッズでもジャニーズファンに大人気のアクスタは、100均アイテムで手作りすることができます。

推しの立ち姿の切り抜きやアクリル板を用意すれば、簡単に作ることができるので、ジャニーズファンの方は必要なアイテムや手順をおさえて、実践してみてくださいね。

アクスタケースも100均で作ることができて、お出かけや旅行に持ち運ぶときに便利です。

アクスタとセットで手作りして、自分だけの推しグッズをつくってみましょう。

オリジナルグッズラボでは、スマホグッズやアパレルグッズ、オリジナル雑貨などを1つから注文することができます。

アクスタ以外にも、オリジナル推しグッズを作ってみたい方は、ぜひオリジナルグッズラボをチェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


オリジナルプリントマスク
オリジナルプリントマスク