/

【大満足仕上げ】トレカケースをデコするポイントは?失敗しない作り方とコツを伝授!

トレカケースをデコしたいみなさん、失敗しない作り方を知りたくありませんか?

大切な推しのグッズをキレイに保管するには、トレカケースがマストアイテム。

でも、せっかくならオリジナルデザインで自分だけの1個を作ってみましょう。

とはいえ、どんなポイントや作り方があるのか、どんなコツを押さえておくとキレイに仕上がるのかなど、知りたいことばかりのはず。

そこで今回は、トレカケースを上手にデコするポイントなどを詳しくお話しします。

絶対損しない内容なので、最後まで目を通してみてください!

目次

トレカケースをデコる!キレイにデコるポイントをチェック!

まずは、トレカケースをキレイにデコるポイントをご紹介しましょう。

知っておくと、実際に作成するときにとても役立ちますよ!

キレイにデコるポイント1:センスのよい実例を調べる!

トレカケースをキレイにデコるには、センスのよい実例を調べることがポイントです。

特に、デザイン初心者の人は、ほかのひとの優れた実例を目にすることでとても参考になるはず。

たくさんの実例を目にするうちに、好みの方向性が分かることでしょう。

センスのよい実例を参考に、オリジナル性を発揮してみてください!

キレイにデコるポイント2:仕上がりイメージをスケッチする!

トレカケースをキレイにデコるには、仕上がりイメージを事前にスケッチしておくことも大切。

いきなり本番でデコろうとしても、多くの場合で失敗してしまうだけです。

まずは、頭の中のデザインイメージをそのまま書き出してみましょう。

スケッチしてみると、さらによいデザイン案が浮かんでくることもありますよ!

キレイにデコるポイント3:材料や道具を揃えてから始める!

材料や道具を揃えてから始めることも、キレイにデコるために必要な準備です。

関係ないように見えて、実は重要なポイントです。

最初に材料や道具をそろえておくことで、気が散らずに済み、効率のよい作業が可能に。

うっかりミスも減って、キレイな仕上がりにつながります!

キレイにデコるポイント4:作業場所や手指をキレイにしておく!

手作りしてデコる場合は、作業場所や手指をキレイにしておくことも意識したいポイントです。

ほこりや手あかが付いてしまっては、せっかくのトレカケースも台無しに。

仕上がりが汚くなってしまっては、自作しても愛用する気になれないでしょう。

キレイに仕上げて愛用するためにも、作業場所や手指をキレイにしてから作業に入りましょう!

キレイにデコるポイント5:丁寧に一つずつ作業する!

キレイにデコるには、丁寧にひとつずつ作業することも忘れないでください。

面倒だからと必要な作業を飛ばしたり、雑に扱ったりすると、そのまま仕上がりに反映されるものです。

短時間で仕上げることができても、微妙な仕上がりになってしまえば、不満が残るもの。

結局のところ、丁寧に一つずつ作業した者勝ちなのです!

トレカケースをデコる!おすすめの素材や材料はどれ?

ここでは、トレカケースをデコるのにどんな素材や材料がおすすめか、具体的にご紹介します。

トレカケースをおしゃれに演出してくれるものばかりなので、チェックしてみてください!

おすすの素材や材料1:フレークシール

トレカケースをデコるのに、フレークシールが大活躍します。

1枚ずつ好きなだけ、好きな場所に貼っていくだけで、素敵なオリジナルトレカケースが完成。

さまざまなテイストのフレークシールを、みなさんのセンスで素敵にデコってみてください。

ただし、フレークシールは貼り直すと汚くなってしまうことがあるので気を付けてください!

おすすめの素材や材料2:マステ

気軽にトレカケースをデコれる素材として重宝するのが、マステです。

マステのよさは、貼り直しができること。

貼り付け位置を間違っても、丁寧に剝がせば再度貼ることができます。

上手に活用して、キュートでおしゃれな仕上がりを目指しましょう!

おすすめの素材や材料3:ステッカーシート

写真素材やイラストを使ってデコりたいのなら、ステッカーシートが活躍するでしょう。

たとえば、家庭用カラーインクジェットプリンターで印刷してカットしたものを貼るだけでも素敵。

こうすれば、オリジナルデザインの幅が無限に広がります。

そのほかの素材と組み合わせるのも、素敵ですね!

おすすめの素材や材料4:ラインストーン

トレカケースを華やかにデコりたいなら、ラインストーンがおすすめ。

ラインストーンは単体でもキラキラ感がスゴイので、そのほかに特別な素材を使用しなくても十分に存在感をアピールできます。

でも、いろいろな大きさ・形・色のラインストーンをおしゃれに配置するのは、その人のセンスが問われるところ。

貼り付ける前に配置パターンを決めておくことで、失敗を防ぐことができます!

おすすめの素材や材料5:デコペン

トレカケースを作るとき、デコペンがあると何かと重宝します。

デコペンは、トレカケースに直接文字やイラストを描くことができるアイテム。

いろいろな色を組み合わせて、好みの配色パターンを意識しながら使うとセンスよく決まります。

金・銀・メタル・蛍光色などは、少量をアクセントに使用するのもよいでしょう!

トレカケースは業者にオーダーできる!評判のよい業者の選び方は?

トレカケースを業者にオーダーするなら、評判のよい業者を選ぶことがポイントです。

ここでは、実際にどんなポイントをチェックするべきか、詳しくお話しします!

業者の選び方1:トレカケース製作で豊富な実績がある!

業者選びでは、トレカケース製作で豊富な実績があることをチェックしてください。

豊富な実績がある業者には、ノウハウがあるので、安心してオーダーできます。

ただし、トレカケース自体が新しいグッズなので、実はそれほど実績がない業者も多いもの。

その場合は、そのほかのオリジナルグッズ製作の実績が豊富な業者を選ぶのがおすすめです。

業者の選び方2:高品質素材のトレカケースを作成できる!

高品質素材のトレカケースを作成できるのも、業者選びで重視したいポイント。

激安さだけで業者を選ぶと、品質が今イチで不満が残ることもあります。

長く愛用するためにも、トレカケースの素材が高品質であることは外せません。

でも、評判のよい業者で取り扱っているトレカケースなら、まず安心してよいでしょう!

業者の選び方3:仕上がりのよさで評判がよい!

実際に利用した人の評判をチェックして、仕上がりのよさで評価されているか 確認してください。

どれだけ業者が高品質仕上げをうたっていても、実際のところは利用した人しか判断できないから。

もちろん、人によって判断基準が異なるので、全員が最高の評価を付けるのは現実的ではありません。

でも、おおむね高評価を得ていれば、まず安心してよいでしょう!

業者の選び方4:1個から安価に作成できる!

個人でトレカケースをオーダーするなら、1個から安い価格で作成できることが必要不可欠です。

業者の中には、企業や団体向けの大口オーダーが専門のところもあります。

安価に作れるからと選んだ業者でも、1個からのオーダーは受け付けてもらえない可能性も。

最初の段階で、個人向けに1個から安価に作成できる業者かどうか確認してください!

業者の選び方1:初心者向けのデザインサポートが手厚い!

もしも、みなさんがデザイン上級者でないのなら、初心者向けのデザインサポートが手厚い業者を選ぶのがおすすめです。

中でも、デザインデータの作成サポートが充実していると、とても重宝します。

そのほかにも、親切な業者では、初心者がつまずきやすいポイントを丁寧に解説していてとても参考になるはず。

多くの業者で無料サービスとなるので、チェックしてみてください!

グッズラボはオリジナル硬質ケースを1点からオーダー可能

グッズラボでは、1個から硬質ケース(トレカケース)をオリジナルで作成可能!
web上に画像をアップロードして配置したりスタンプ・テキストを入れるだけで簡単に作成できるので、デザインが苦手な方でも大丈夫!
グッズラボで自分だけのオリジナル硬質ケースを作成しませんか?

トレカケースはオリジナルグッズラボにオーダーすると簡単!

オリジナルグッズラボTOP画像

トレカケースの作り方はいろいろありますが、一番簡単なのはオリジナルグッズラボにオーダーする方法です!

高品質素材のトレカケースが1個から安い価格で作成可能!

オリジナルグッズラボのトレカケースは、高品質素材を使用しているのが特徴です。

作ってみたら素材が低品質でがっかりした、ということは絶対にないので安心してください。

しかも、1個から安い価格で作成できるのもポイントに。

他にもたくさんのアイテムを取り扱っているため、他の推し活グッズを一緒につくるというのもおすすめ!

高品質な印刷仕上げ&短納期発送対応で大満足!

トレカケースのオリジナル作成でこだわりたいのが、仕上がりの高品質さ。

オリジナルグッズラボにオーダーすれば、品質面での心配は必要ありません。

色鮮やかに高品質な印刷仕上げで定評があり、実際に利用した人からも評判が抜群によいからです。

さらに、短納期発送対応も加わって、満足できることでしょう!

トレカケースのデザインも簡単!充実のデザインサポート!

デザインエディタで簡単デザイン作成

オリジナルグッズラボなら、トレカケースのオリジナルデザインも簡単。

スマホからでもアプリ感覚で操作でき、仕上がりイメージを見ながらデザインできます。

専用のデザインエディタは無料で誰でも使えるので、ぜひお試しを。

そのほかにも、うれしいデザインサポートが充実しているので、どんどん利用してみてください!

まとめ

トレカケースのデコで失敗しない&大満足に仕上げるには、評判のよい業者にオーダーするのがおすすめです。

もちろん、好きな材料を使用して自分でデコるのも素敵。

でも、もっと簡単に時間や労力をかけないで作りたいのなら、業者にオーダーするほうがメリットが大きいといえます。

たとえば、オリジナルグッズラボでも、簡単に高品質なトレカケースを作ることができるので、チェックしてみてください!

グッズラボはオリジナル硬質ケースを1点からオーダー可能

グッズラボでは、1個から硬質ケース(トレカケース)をオリジナルで作成可能!
web上に画像をアップロードして配置したりスタンプ・テキストを入れるだけで簡単に作成できるので、デザインが苦手な方でも大丈夫!
グッズラボで自分だけのオリジナル硬質ケースを作成しませんか?

エディタで簡単♪今すぐデザインする!
エディタで簡単♪今すぐデザインする!

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


オリジナルプリントマスク
オリジナルプリントマスク