/

【これで解決】オリジナル扇子が作れる!小ロット発注可能な制作専門店まとめ

記念品や贈答品、イベントなどのノベルティアイテムとして注目されている扇子。

大量発注が可能な反面、"数より素材に拘りたい"という意見や"10本もあれば十分"と小ロットを希望する個人からの依頼も少なくありません。

発注できるロット数は制作会社により異なりますが、小ロットから発注可能な専門店もあります。

思い出の一品として納得できる扇子を作る為の参考にして下さい。

小ロットから発注可能なおすすめ専門店9選

和の卸

取引総数5万件、製作総数30万個という実績をもつ専門店で、1本からオリジナル扇子作成を発注できるというメリットです。

"自分用の特注扇子が欲しい"というニーズに対応できるのは嬉しい特徴と言えます。

勿論、50本未満のロット~1000本以上の大ロットでも発注が可能です。

サイズも女性用の定番6.5寸(約19.5cm)から成人式など記念品用の9寸(約27cm)。

さらに茶道用として定番の5寸(約15cm)と幅広く取り揃えています。

また扇面の素材も、片面紙貼りと両面紙貼りが選べますし、布貼りにも対応が可能です。

その他、手ぬぐいや法被など、和を中心とした販促品制作も受け付けているおすすめの専門店となります。

扇子工場

10本からの小ロット制作を受け付ける専門店で、納期は2週間程度とスケジュールを組みやすく記載しています。

この専門店では、扇子の親骨部分に企業名の名入れの他に、骨の色を白竹、唐木、黒染の3色から選択可能です。

骨の色によって扇子の印象も変わりますし、サイトにはオリジナル扇子の実績画像やデザインデータが公開されていますので、理想のオリジナル扇子にピッタリのものが見つかるかもしれません。

また間(けん)の数も11間と35間で選択が可能です。

不明な点などは専門スタッフが丁寧に対応してくれますのでおすすめの専門店になります。

松本ギフト株式会社

10本からの小ロット制作に対応しています。

サイズは女性用の6.5寸35間、男性用の7.5寸35間(約22cm)、イベント用の9寸11間の3つから選択可能です。

これに合わせて骨色も白竹、唐木、黒染からお好みの色が選べます。

ただ、イベント用の9寸11間に限っては白と黒の2種類のみとなっています。

また、デザインツールを使った扇面画像のデータ入稿にも対応可能です。

既製品には無い世界で1つのオリジナル扇子を作れますので、おすすめのサービスになります。

さらに、ハロウィン専用扇子などイベントに合わせたページもありますので、是非ご覧下さい。

白竹堂

1本からでも発注可能な扇子専門店です。

勿論100本、1000本を超える大ロットの発注にも、国産と海外を使い分けて対応してくれます。

サイズも男性用と女性用、イベント用に分けられ、骨の色も白竹、唐木、黒染から選択可能です。

紙扇子の場合は両面貼りのみの対応で、生地扇子の発注にも対応しています。

既製品に企業の名入れをするセミオーダー扇子も発注できますので、1本から1000本以上まで様々なニーズに対応できるおすすめの専門店になります。

舞扇堂

還暦や古稀など末広がりの贈り物としてオーダーメイドの特設サイト"ほほMギフト"を運営しています。

1本からの発注にも対応し、特別な人に贈りたいというニーズにも応えてくれます。

紙と布から素材や骨色も白木、唐木、黒染から選択可能です。

勿論、扇面の画像も選べますので、思い出の品としてピッタリです。

また、紙扇子には職人が調合した和の香りをお付けするサービスが特徴的で、ほのかな香りを楽しむことができるでしょう。

高級感溢れるラッピングも充実しているので、ご両親や大切な人へのプレゼントを考えている人におすすめです。

あつらえ扇子あや

1本からオリジナル扇子の発注を受け付ける専門店です。

特徴的なのは特急便お届けサービスで、どうしても急ぎで欲しいという場合でも対応してくれます。

条件次第では最短1日の制作も可能です。

男女兼用の7.5寸、イベント用の9寸のサイズが選べ、骨色も白竹、茶、黒の3色が選べます。

サイトには実績例も画像で公開していますので、理想に近いイメージを見つけることもできるでしょう。

急ぎで少ロットを発注したいという人におすすめです。

DAIKO

企業名やロゴなど、ワンポイントのみのデザインなら10本発注可能。

フルオーダーのオリジナル扇子では50本から発注可能の専門店です。

30000社と実績を持つ専門店ですので、経験豊富な知識から、希望に沿った扇子の作成に向けて提案をしてくれます。

サイトにはこれまでの実績例を紹介していますので、イメージの参考にもなるでしょう。

また、扇面以外に竹の面への印刷も可能な業界随一の技術を持っているのも特徴です。

紙、布の材質にも拘り、骨色の選択も対応できるおすすめの専門店です。

うちわ工房

うちわと扇子をメインに制作している業者です。

男性用、女性用共に両面紙貼り扇子は10本から発注を受け付けています。

ポリエステル扇子や布扇子も制作可能ですが、ポリエステル扇子は100本。

布扇子は1000本からの受注となりますので、紙以外の小ロットを希望する場合には不向きです。

紙扇子は扇子専用の高級和紙を使用し、両面貼りなので見栄えが良い仕上がりになります。

また、防水PP製扇子の発注にも対応していますので、水辺でのイベントなどには有効の納涼アイテムとなるでしょう。

オリジナル扇子.com

6000件以上の制作実績を持つ専門店になります。

一番の特徴は実際のサンプル商品を全国無料発送し、手に取って確認することができるサービスです。

完成品のイメージも沸きやすく、商品に自信が無ければできません。

小ロットは50本から制作可能となりますが、男性用、イベント用に限定されています。

女性用扇子を発注希望の場合は100本からとなりますので注意が必要です。

また、名入れ用のセミオーダーに関しては50本から受け付けています。

竹部分にデザインを印刷してある既製品もありますので、高級感のある既製品を小ロットで発注したいという人におすすめです。

小ロット発注に関するポイント

数を少なくすることで不要な在庫を抱える不安も無く、必要な人に届けば十分という場合におすすめする小ロット制作ですが、気を付けておきたいポイントを紹介します。

大ロットに比べて単価が高くなる

1000本単位で発注する大ロットに比べると、数が少ないので1本の単価が高額になります。

価格は発注する内容や専門店によって異なりますが、数を少なくすれば安くなるとは限りません。

「@〇〇円」と、値段の前に"@"がついているサイトがあります。

これは単価を意味する記号ですので、お店の単価相場を比較する材料としておすすめです。

必要な数の確認をしておく

小ロットは制作本数が少なくなる為、予備としての蓄えが少なくなってしまいます。

最低限必須となる数の把握を怠ると、トラブルになりかねません。

事前に本数の確認をしておきましょう。

オリジナルの扇子を作って特別な1日を

ノベルティアイテムとしても優秀な扇子ですが、個人での使用を目的とした発注にも対応している専門店はあります。

オリジナルの扇子は思い出の一品として愛着のある物となりますし、自身のモチベーションにも繋がるでしょう。

また、母の日や誕生日プレゼントとしても立派な贈り物になります。

ぜひ、オリジナル扇子を作成してみてはいかがでしょうか。

エディタで簡単♪今すぐデザインする!
エディタで簡単♪今すぐデザインする!

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


オリジナルプリントマスク
オリジナルプリントマスク