/

【徹底解説】オリジナルグッズの販売はどうやってできる?制作の注意点は?

オリジナルグッズの販売をしたい!」そんな風に考えているあなたに朗報です!

オリジナルグッズの販売というと「制作や管理が大変」だと思われがちです。

しかし、WEB上の制作サービスを利用すれば、だれでも簡単にオリジナルグッズを販売できます。

ここでは具体的なオリジナルグッズの販売方法と注意点について説明します。

これからオリジナルグッズの販売をしたいと考えている方はぜひ、参考にしてみてください。

オリジナルグッズの販売はどうやってできる?

イベントなどで販売する

コミックマーケットやデザインフェスタのようなオリジナルグッズのイベントなどで販売します。

イベントは今あげたもの以外も開催しており、日程、場所、条件が合うものに参加することをおすすめします。

注意点として出品者が多い場合には、事前に選考を行い、参加できない可能性があります。

また、販売初心者にはいきなり大きなイベントに参加することに抵抗がある人もいるかもしれません。

その場合、まずは小規模のイベントから参加してみてください。

WEB上の販売サイトなどで販売する

オリジナルグッズ販売サイトを利用してWEB上で販売します。

WEB上ならイベントと違い、1年中販売できるのがメリットです。

注意点として集客力が弱い販売サイトを使用すると売り上げを伸ばすことがむずかしいです。

WEB上の販売サイトを利用するときは商品以外にも集客の知識も必要です。

そのため、既に多くの人が利用している販売サイトを利用する方法がおすすめです。

オリジナルグッズ制作サービスの中にはWEB上でショップを簡単に作れるものがあります。

特に初心者は制作と集客を同時に行うことは大変だと思いますので、この手のサービスを利用してみてください。

オリジナルグッズを制作・販売する時の注意点

イメージとの相違

オリジナルグッズの完成品がイメージと違うという場合があります。

完成品がイメージと違った場合、せっかく販売用に注文したグッズを納得のいかないまま販売しなければなりません。

そういったことを避けるために、たくさん注文する前にまずサンプルとして1つ注文して、事前に完成イメージを掴めるようにすることをおすすめします。

納期の確認

イベント販売を考えている場合には納期を厳守する必要があります。

しかし、繁忙期には制作会社も通常時よりも時間がかかる場合があります。

注意点として、注文段階で納期を確認することをおすすめします。

著作権や肖像権

「アニメ・漫画・アイドル・ブランドロゴ」などを許可なくオリジナルグッズの制作・販売することは著作権違反になる恐れがあります。

また、無断で撮影された人を本人の許可なくオリジナルグッズの制作・販売することは肖像権違反になる恐れがあります。

なかには「芸能人でない一般人ならオリジナルグッズに使用しても問題ない」と考えている人もいるかもしれません。

しかし、肖像権違反になる可能性もありえます。安易に独自の判断をしないようにしましょう

依頼者側が問題ないと判断しても、制作サービスによっては著作権・肖像権を理由に制作・販売拒否する場合もあります。

必ず著作権・肖像権違反にならないかを注文前に確認しましょう。

オリジナルグッズ制作・販売におすすめなサービスまとめ

イベントなどでお急ぎの方

monoaki

「monoaki」はオリジナルグッズを発注からお届けまで最短3日です。

最低ロット1個、送料込み900円から注文可能です。

個性的なオリジナルグッズを作りたい方

Pixiv FACTORY

「Pixiv FACTORY」は注文できるグッズは50種類以上です。

傘、ブランケット、名詞、同人誌などの珍しいグッズ制作も可能です。

また、制作したオリジナルグッズはPixivの運営する販売サイト「BOOTH」でそのまま販売できます。

WEB上でショップを開き販売したい方

BASE

「BASE」は無料で簡単にWEB上でショップを開き販売できます。

400万人が利用するショッピングアプリで販売していて、集客も困りません。

ちなみにショップのテンプレートも用意しており、初心者でもクリエイターが作成したデザインに変更可能です。

また、「スマホケース作成アプリ」「Tシャツ作成アプリ」を使うことで、だれでも簡単に写真やイラストデータからオリジナルグッズを制作できます。

WEB上で制作・発送を任せたい方

オリジナルグッズラボ

オリジナルグッズラボはWEB上で簡単にオリジナルグッズをデザインできるサービス。

1個から作成できるため在庫リスクがなく、直送機能を使えばエンドユーザへ直接商品を届けることができるため販売時の工数・コストを削減できます。

「自分で発送するのが手間」「在庫リスクをかかえたくない」という方におすすめです。

WEB上で制作から販売まですべてを任せたい方

SUZURI(スズリ)

「SUZURI(スズリ)」は画像や写真をアップロードするだけで、自動的に商品が作れます。

注文が入ったら自動的に発送して、入金までします。

現在もマグカップ、スマホケース、トートバックなどの商品カテゴリがあり、これからも増えていく予定です。

オリジナルグッズを制作・販売しよう!

オリジナルグッズの販売方法はイベントWEB上の2種類あります。

オリジナルグッズを制作・販売する時の注意点として特に「著作権や肖像権」は確認してください。

オリジナルグッズの用途に合わせたサービスを紹介しました。

オリジナルグッズラボでは在庫リスクなく、1個から業界最安値で制作・提供可能です。

これからオリジナルグッズの販売をしたい人はぜひ、利用してみてください。

今すぐデザインする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


オリジナルプリントマスク
オリジナルプリントマスク