/

自宅でも作成可能!オリジナルクリアファイルを自作する方法

さまざまな書類を収納できる「クリアファイル」は何かと重宝しますが、透明だと味気なくてつまらないですよね。

そこで、自分の好きなデザインや写真でオリジナルクリアファイルを自作できれば、持っているだけでテンションも上がりますよね。

そこで今回は、自分の好きなデザインや写真を使って、オリジナルクリアファイルを自作する方法についてご紹介します。

自宅でも作成可能な方法があるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

そもそもクリアファイルって自作できるの?

事務用品の1つである「クリアファイル」ですが、そもそも自作できるの?と思っている人も多いと思います。

実は、印刷できる素材さえあれば、クリアファイルを自作することも可能です。

しかし、どんなクリアファイルを使っても自作できるわけではありません。

まずは、好きなデザインや写真を印刷できる素材を用意する必要があります。

通常のクリアファイルはプリンターなどで印刷できないため、特殊なクリアファイルを使用するか、クリアファイルに貼りつけられる印刷フィルムを使用する必要があります。

では、どのような自作方法があるのか具体的に見ていきましょう。

自宅で印刷してオリジナルクリアファイルを自作する方法

好きなデザインや写真を印刷することができれば、オリジナルクリアファイルを自作することができます。

では、自宅でオリジナルクリアファイルを作成するには、どのようなものに印刷すれば良いのでしょうか?

自宅のプリンターで印刷できるクリアファイルを使う

もっとも簡単にオリジナルクリアファイルを自作する方法は、自宅にあるプリンターで印刷できる「特殊なクリアファイル」を使って作ることです。

すでにクリアファイルの形状をしているので、あとはプリンターで印刷するだけです。

ただし、通常のクリアファイルには印刷できないため、特殊なクリアファイルを使用する必要があります。

「印刷できるクリアホルダー」や「オンデマンドクリア―ホルダー」などの名称で販売されているので、探してみてください。

これらを使えば、自宅にあるインクジェットプリンターや、レーザータイプの複合機などで印刷することができます。

印刷できる機器が決まっているため、ご確認ください。

商品によって、染料インク・顔料インクのどちらに対応しているのか異なりますが、自宅でもきれいに印刷することができます。

クリアファイルの色は、「乳白透明」や「白」から選ぶことも可能です。

紙ホルダーに印刷する

素材がクリアファイルではありませんが、紙製のファイルに印刷できる「紙ホルダー」という商品もあります。

形状はクリアファイルと同じなので、書類などを収納できます。

ただし、素材が薄いため強度はそれほど強くないようです。

OHPフィルムに印刷する

OHPフィルムとは、インクジェットプリンターで印刷できる透明のフィルムのことです。

パソコン内にあるデジタルデータをそのまま印刷できるので、好きなデザインや写真を簡単に印刷することができます。

OHPフィルムでオリジナルクリアファイルを自作する方法は、おもに2種類あります。

1つめの自作方法は、OHPフィルムを2枚使って貼りつけてファイルの形状にする方法です。

どのように貼りつけるかによって、見た目や強度が異なります。

2つめの自作方法は、既成のクリアファイルに、印刷したOHPフィルムを貼りつける方法です。

透明の両面テープで貼りつければ、それほど目立たないでしょう。

透明ラベル(ラベル用紙)に印刷して貼り付ける

100円ショップなどでも購入できる透明ラベル(ラベル用紙ともいう)に、好きなデザインや写真を印刷して、クリアファイルに貼りつけて自作する方法もあります。

手軽にオリジナルクリアファイルを作りたい場合には、この方法なら初心者でも簡単に作ることができます。

その際には、対応しているプリンターをご確認のうえ、透明ラベルを購入してください。

また、ラベル用紙には「光沢紙」と「普通紙」があるため、種類を間違えないように購入しましょう。

印刷したラベル用紙をクリアファイルに貼りつけるだけなので、どちらの種類でもオリジナルクリアファイルを自作することは可能です。

ただし、仕上がりのイメージが異なるため、光沢紙か普通紙かを確認してから購入しましょう。

あらかじめカットされているラベル用紙もあるため、ノーカットのラベル用紙を選ぶこともポイントです。

ラベル用紙をクリアファイルに貼りつける際には、空気が入らないように慎重に貼りつけることが大切です。

定規を使ったり、布で押さえたりしながら空気が入らないように貼りつけましょう(ここが1番むずかしいポイントです)。

オリジナルクリアファイルを自作するデメリット

オリジナルクリアファイルは、印刷さえできれば簡単に自作できますが、その際にはデメリットもあります。 デメリットを理解したうえで、自作するかどうかを判断しましょう。

水に弱いインクだと流れてしまう

印刷する素材やインクの種類によっては、たとえ自宅で印刷できたとしても印刷面がダメになってしまう恐れがあります。

たとえば水に弱いインクだと、流れてしまう場合もあるので、透明フィルムなどを上からかぶせてカバー(保護)すると良いかもしれません。

印刷できるクリアファイルなどは薄くて強度が弱い場合もある

はじめからクリアファイルの形状をしていて、しかも自宅にあるインクジェットプリンターで印刷できれば簡単にオリジナルクリアファイルを自作することができます。

しかし、印刷できる素材のクリアファイルは薄いものが多いため、通常のクリアファイルよりも強度がかなり劣る場合があります。

そのことを理解したうえで、それでも自宅で印刷したい場合に購入すると良いでしょう。

オリジナルクリアファイルを製作できる業者に依頼する

自宅にあるプリンターで印刷できれば、簡単にオリジナルクリアファイルを自作することも可能です。

しかし、うまく自作できるか心配な場合には、最初から業者に依頼するほうが安心かもしれません。

自宅で印刷する場合、クリアファイルや透明フィルムなどの印刷に対応しているインクには種類があったり、たとえ印刷できてもにじんでしまったりと、うまく印刷できない場合もあります。

また、印刷できるクリアファイルは、通常のクリアファイルよりも薄くて強度が弱いため、長く使えないデメリットもあります。

まずは、自宅での印刷に挑戦してみて、うまく仕上がらなかった場合に業者に依頼しても良いでしょう。

オリジナルクリアファイルを業者に発注する場合、オリジナルのデジタルデータを入稿して、1枚から印刷してくれる業者もあります。

ただし、業者によって価格にかなり差がありますし、注文数によっても価格が大幅に異なります。

多めに注文するのであれば、はじめから業者に発注したほうが良いですが、少数の場合には価格によって検討してみてください。

好きなデザインでクリアファイルを作ろう!

100円ショップや通販を探せば、最近は印刷できる素材のものが色々と販売されています。

探せば他にもクリアファイルを自作するアイデアが浮かぶかもしれませんので、ぜひチェックしてみてください。

好きなデザインや写真を印刷して、自分だけのオリジナルクリアファイルを作れたら、持っているだけでも楽しめます。

また、クリアファイルの用途によってデザインを変えれば、何が入っているのか一目瞭然になり、自分なりの目印にもなりますね。

自作するなら色々な作成方法がありますので、ぜひ自分だけのオリジナルクリアファイルを作ってみましょう。

エディタで簡単♪今すぐデザインする!
エディタで簡単♪今すぐデザインする!

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


オリジナルプリントマスク
オリジナルプリントマスク